貯金

カレンダーでお金を管理する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

444

家計のやりくりは苦手……。そう思っている人は多いのではないでしょうか。

お金のやりくりが得意!と自信を持って言える人はそう多くはないと思います。

雑誌や本を読んでいると、ファイナンシャルプランナーや経済評論家などがお金のやりくりについてレクチャーしている記事などがありますが、試してみてもなかなか上手くいかないものです。

お金のやりくりが分からない、という人は少ないと思います。入ってくる収入にたいして、使うお金(支出)が少なければお金は余ります。お金が余ればそれだけ貯蓄は増えます。当たりまえのことですよね。

スポンサーリンク

でも、貯まらない。

それはなぜでしょうか?

お金を貯めるのが苦手、という人の中には、お金を貯めようとしてお金に振り回されている人も多いのが実際のところです。

家計簿を買ったものの上手くつけられなかったり、時間が取れなくて「週末にまとめて記録しよう」と思っていても結局細かい出費が思い出せずに収支が合わなかったりと、なかなか上手くいきません。

そういう人は、極力シンプルな方法で家計管理をするのがおすすめです。

ここでは、そんなシンプルな家計管理法の一つ「カレンダーを利用する」という方法を紹介しましょう。

家計簿には、その日の収支を細かく記録することが多いですが、レシートを見ながら一つひとつ丁寧に書き込んでいくのは時間がかかりますし、習慣化するまでが大変です。また、レシートの無い出費があればその内容が思い出せなかったり、クレジットカードを使った場合はどのように記録すればいいの?と分からなくなってしまいます。

そこで、その日の残高をカレンダーに記入していく、という方法を試してみましょう。

この方法は、まずは先取り貯蓄や家賃等、引き落とされるお金以外、つまり、食費や日用品代、レジャー費などの「やりくり」すべきお金を決めます。

このとき予算を低くし過ぎてしまうとやりくりが大変になるので、はじめは多めに設定しておくのがおすすめです。
「食費は3万円」「日用品代は5千円」などと細かく決める必要はありません。

家計管理で多くの人が失敗するのは、はじめの計画をタイトにし過ぎるからです。いくら効果の高い方法でも面倒うなことは続きませんし、ツライことも続きません。苦労を美徳としがちな日本人でも、すでにお仕事や子育てなど十分がんばっているのですから、家計管理は楽にできる方法にしましょう。

1か月でやりくりする金額を決めたら、まずはそのお金を手元に用意します。

そして、財布には最低限のお金だけを入れて、あとは封筒にでも入れて保管しておきます。財布に大金が入っているとつい使ってしまうものなので、足りなくなったらその都度入れる、最低限だけ入れる、ということだけは徹底しましょう。

準備ができたら、毎日の残高をカレンダーに書き込んでいくだけです。

使った金額を書こうと思えばレシートを並べて、合計する手間がかかります。ほんのちょっとの手間なのですが、はじめは徹底的に手間を省いてしまう方が継続しやすいのです。

残高を調べる方が手間がかかることもあるかもしれませんが、自分がいくらお金を持っているのか数えて記録する方が、「あといくら使えるのか?」ということが分かりやすくなりますよね。

こうして、1か月の予算の範囲でやりくりできれば合格として、より節約したければ翌月からは少し予算を抑えてもよいでしょう。

ただし、「今月は5千円余ったから、来月は今月よりも1万円減らそう」なんていう無茶はいけません。

支出は、月によっても変動します。付き合いの用事が多い月、たとえば年末年始には支出が増えますし、日数の少ない2月は支出は少なめになります。今月大丈夫だったから来月も大丈夫、とは限らないのです。

でも、貯蓄を計画的におこなうには、一定の予算の範囲内でやりくりするのがルールです。予算が足りないからといって月の途中でおろすようなことがあってはいけません。ですから、予算は多めにとっておき、その中でやりくりするように頑張るのです。

もしお金が余ったときには、自分へのご褒美に使っても良いですが、いくらかをプールしておくのがおすすめです。これこそ、支出が特に多い月に対応するためです。

たとえば5千円余れば、2千円だけ別の封筒に入れておいて、普段は見えないところに隠しておきます。そして、出費が多く生活費が足りなさそうな時に使えるようにしておく、というものです。そうしておけば、貯蓄には手を付けずに済みますから計画通りに貯蓄を継続することができます。

また、慣れてきたら、もっとやり方を変えてもかまいません。残高だけでなく使った金額も書くようにしても良いでしょう。

また、レシートは箱などに入れてとっておき、時間にゆとりがあるときに集計してみても面白いですよ。

レシートの内訳を家計簿に転記するというのは、はじめはやる気に満ち溢れているので苦になりませんが、飽きてしまったり忙しくて時間が取れなくなると続きません。だからあえて、やる気があるときに一気に集計してみるのです。月末に余った予算で、お気に入りのカフェに行ってゆっくりと集計するのも良いでしょう。

どのお店によく行くのか、どんなものを良く買っているのか、無駄遣いと思えるものにはどんなものがあるか、といったことを検証できれば、今後の予算の立て方も変わってきます。

ちなみに使用するカレンダーは、もらいものの壁掛けタイプがおすすめです。冷蔵庫などに掛けておき、ささっと書けるようにボールペンもカレンダーに付けておくと便利です。

家計管理というと大変というイメージがありますが、はじめは簡単な方法で良いのです。お金が少しでも貯まるようになってきたらもっとがんばろうという気持ちが起きてきますし、少しずつレベルアップしていけば良い話です。はじめから無理をしても続きません。

とにかく簡単に、手間をなくすように工夫して、気軽に家計管理を始めてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事