結婚式準備の体験談

生活費について夫婦で話しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

445

家計管理というのは、どちらかというと妻がやるもので、夫は妻からお小遣いをもらってやりくりするもの、と思っている人が多いですよね。実際に、妻が管理している家庭が多いようです。

でも、だからと言って家計が不透明な状態になっていないでしょうか?お互いに、家計に対する不満が溜まっていませんか?

旦那さんの方は、「本当にちゃんとやりくりしてくれているのか?もっと小遣いを上げてほしい」と思っているかもしれません。

スポンサーリンク

奥さんの方は、「わたしも自分のおこづかいが欲しい。でも自分で稼いでるわけじゃないから言い出せない」と思っているかもしれません。

もともと、お金の話というのはなにか「汚いモノ」のように思っている人が多いと思います。お金の話をするなんていやしい、下品だ、恥ずかしい、というわけです。

たしかに、お金の話ばかりする人は、あまり品があるとは言えないかもしれません。他人の家庭の収支状況を遠慮なく聞いてきたり、勝手に他人の懐事情を予測する、というのはあまり良い気はしませんね。

ただ、夫婦の場合は、大いにお金の話をした方が良いのです。夫婦というのは、会社に例えられることがあります。自営業でなくても、夫婦で一つの家庭を経営していく、という気持ちを持っておく方が良いのです。

健全な経営をしていくには、夫婦がお互いに、ある程度家計の状況を把握しておくということは重要です。貯蓄がいくらあるのか、住宅ローンはあといくらあるのか、生活費にはいくらかかっているのか。

そういったことを把握していないから、不安や不満が出てくるのではないでしょうか?

と言っても、「うちの夫はわたしに任せっきりで、家計の状況にはちっとも興味を示してくれないんです」という人もいるでしょう。また、その場合には「だから節約にも全然協力してくれません」と続きます。

このような家庭は多いのではありませんか?

「すてきな奥さん」などの主婦向け雑誌には、夫婦で協力して貯蓄計画を立てて楽しんで節約しているご夫婦がよく載っています。そういったものを見てしまうと、「なんでうちの旦那はちゃんとしてくれないんだろう」と余計に不満に思ってしまいますよね。

こうした雑誌の影響を受けて節約に励もうと相談しても、旦那さんはあまり協力してくれない。口では分かったと言いながらトイレの電気をつけっぱなしにしている。これでは不満が募る一方です。

夫婦でお金の話をするときには、気を付けるべき点があります。

まず、奥さんが専業主婦やパートであっても、男性側は「俺が稼いだお金」という感覚で話さない、ということです。結婚していれば、お給料というのは夫婦のものです。旦那さんが稼いでたお金だと言っても、仕事に専念できるように家事や育児をになってくれている奥さんが無価値なわけがありません。

ちなみに「うちの嫁は家事も手抜きだし料理も上手くない」と思っている人もいるかもしれません。

でもそれでも、否定的な話をするのは控えた方が良いでしょう。主婦業というのは評価されにくい仕事です。サボっても怒られるわけではありませんが、かと言って褒めてもらえるわけでもありません。

旦那さんが評価してくれなければヤリガイを感じられにくいものなのです。ぜひ、ねぎらいの言葉をかけてあげてはいかがでしょうか。その方が夫婦関係は上手くいきますし、奥さんも張り切って家事をするようになるはずです。

また、女性側の場合は、「もっと評価してほしい」と期待しすぎるのはやめましょう。主婦業は数字で評価されるわけではありませんが、旦那さんの仕事の成果としての評価があります。旦那さんのお給料が上がったら、「わたしが家庭を守っているおかげね」と内心自分で評価を決めておけば良いのです。

一方、女性側が気をつけなければならないことがあります。それは、節約したいあまりに「お金が無い」とか「もっと節約しないと」といったネガティブな表現を控える、ということです。

男性は傷つきやすいものですから、そんなつもりはなかったとしても「俺の稼ぎが悪いからだ」と被害妄想的に取られてしまいます。実際にそのような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

マイホームが欲しいから今より節約したい!とワクワクして話したのに、「ごめんね、俺が稼げない人間で」と旦那さんが勝手に落ち込んでしまうケースです。「そんなこと言ってないじゃない!」とけんかになることもあるので、旦那さんがマイナスにとらえてしまうような言い方は避けるようにしましょう。

話をするときには、なるべく数字をもとに、冷静に話し合います。

奥さんの方から話すとしたら、家計簿や預金通帳などの資料を用意した上で、「家計が苦しい」などの言葉は使わずに、「もっとこういうことをしたいから、そのためには無駄遣いは辞めた方がいいと思う」と、ポジティブな理由を言って節約の話に持っていけるように工夫してみると良いですよ。

旦那さんから話すとしたら、たとえばお小遣いの値上げ交渉であれば、まずは理論的な根拠を述べます。そして、感情に訴えかけるのがおすすめです。女性の場合は理詰めで説得されるよりも感情的に言われる方が胸に響き、アクションを起こしてくれやすくなるものです。と言っても無い袖は振れませんから、家計の状況を教えてもらったうえで無理ならあきらめましょう。

夫婦で、お金の話はどれぐらいしていますか?

全然していない、という夫婦も多いと思います。できれば、お金の管理は夫婦が共同でおこなうのが理想です。その方が双方が家計の状況を把握できて、お互いに不満も持ちにくくなるからです。共同で家計管理をしているとお金について話す機会も増えるので、家計が良い方向に向かいやすくなります。

でも、どちらか一方が家計管理をする場合でも、求められた時にはすぐ開示できるようにしておくのが良いでしょう。詳細に家計簿をつける必要はありませんが、預金通帳や生活費用の財布がいつでも取り出せるところにある、というのが理想です。

どちらか一方が管理する場合は、旦那さんでも奥さんでも、家計管理が得意な方が引き受けるようにしましょう。もし相手のやり方に不満がある場合は役割を交替してみても良いですね。お金は大事なものですから、お互いがきちんと家計に興味をもって、たまには家計について話すようにしていれば、夫婦関係も上手くいきやすくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事