結婚式準備の体験談

結婚資金の目安はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

448

結婚を考えている相手がいても、費用の面でなかなか結婚に踏み切れないカップルはたくさんいます。結婚後の生活が不安、という人も多いですが、なにより結婚式を挙げられるだけの貯蓄が無い、という問題があります。

結婚を考えだすと、特に女性の場合は、「ゼクシイ」などの結婚情報サイトを見てみたりしますよね。でも、そこに挙げられている結婚式にかかる費用は200万、300万など、とても現在の貯蓄額では不可能な数字が並んでいます。

スポンサーリンク

また、結婚式にかかる費用だけでなく、結納や結婚指輪にかかるお金、新婚旅行にかかるお金、新居に引越すためのお金、新居に揃える家具家電にかかるお金など、さまざまな費用が発生します。

一体いくらあれば、結婚できるものなのでしょうか?漠然と結婚資金を貯めているカップルもいるかと思いますが、実際にいくらぐらい貯めておけば良いのか、ということは知っておいた方が良いでしょう。

まず、結婚式(披露宴含む)にかかるお金としては、全国平均で324.9万円となっています。そして、新婚旅行や新居にかかる費用など、すべてひっくるめた平均は421.2万円です。

いかがでしょうか?一人200万円は準備しておかなければならない計算です。

ただここで、よく言われるのが、「結婚費用はご祝儀で戻ってくるから大丈夫」といった意見です。

最近は、まとまったお金がなくても、ある程度(10~20万円程度)だけを前払いしておいて、残りは挙式の翌日や、挙式後10日以内、といった形で後払いができるところも増えています。ですから、少ない資金でも結婚式は可能です。

でも、だからと言って貯蓄をしなくても良いということではありませんから注意しましょう。

まず、「ご祝儀で逆にプラスになることもある」なんて言われますが、それは鵜呑みにしないようにしましょう。ご祝儀でプラスになるというのは、よほど結婚式の費用を削ったか、たまたまご祝儀をはずんでくれる出席者が多かった、ということにすぎません。

ご祝儀でプラスになるような、費用をケチった結婚式に招かれてうれしいと思いますか?

明らかに低予算の結婚式に相場の3万円のご祝儀を払うのは少し嫌な気持ちになるものです。挙式費用は見栄を張る必要はありませんが、ケチらないようにした方が賢明です。

また、「あの社長は見栄っ張りだからご祝儀ははずんでくれるはずだ」なんていう狸の皮算用もやめましょう。実際にご祝儀をはずんでくれる人なのかは分かりません。

ご祝儀払いにする場合は、一人あたりのご祝儀を3万円として考えるのが一般的です。60人なら180万円ですね。しかし、ご祝儀は3万円より多く包んでくれる人もいれば、最近は2万円というのも増えています。特に年齢が若いカップルの場合は招待客の年齢層も低くなるので、3万円包む人が少ないかもしれません。

ですから、理想は全額キャッシュで支払えるようにしておくことです。もしくは、一部をご祝儀払いにするにしても、1人1万円計算にして、60人なら挙式後に60万円を支払う、というスタイルがおすすめです。

なぜなら、結婚式が終わって新生活が始まったとき、まったく貯蓄が無い、というのは不安ではありませんか?共働きだとしても、結婚後すぐに妊娠し、経過によっては仕事をやめなくてはならない場合もあります。いただいたご祝儀はなるべく貯蓄に回せるようにしておいた方が良いでしょう。

また、新婚旅行や新居にかかる費用については、人によって大きく差があるものです。

新婚旅行の行き先にもよりますし、新居にしてもどちらかが一人暮らしをしていて最低限の家具家電を持っているなら費用は抑えられます。このあたりは二人で話し合って、いくらぐらいあれば良さそうか考えてみましょう。だいたい、100万円あればとりあえずはなんとかなるでしょう。

それから、結納については最近は省略して、簡単な食事会をする程度のカップルも多いですね。ただ、両家がそれに同意してくれるかは分かりません。地域差も大きく、「結納は当然」といったところもあるので注意が必要です。

結納だけでなく、結婚式の規模についても、本人同士は両親と仲の良い友人だけのつもりでも、親が「親族も呼んで盛大にやってほしい」と希望することもあります。

その場合は良心からの援助がある場合もありますので、事前に援助があるのかどうかも確認しておくと良いでしょう。

以上のことから、結婚資金として貯めておきたいお金というのは、最低、2人合わせてまずは400万円と考えてみてはいかがでしょうか。一人200万円ですね。

年齢的に、貯蓄を待っている時間はなく早く結婚したい!という場合は一部をローンにすることが可能な場合もありますから、問い合わせてみると良いでしょう。

一人200万円というのは大きな金額ではありますが、不可能な数字ではありません。まずは100万円がんばってみませんか?

通常、結婚が決まってから挙式までにはたっぷりと時間があります。式場の予約は1年前に済ませる、ということも多いですよね。それなら、まずは100万円ずつ貯めて、式場の予約をしてからあと100万円貯める、ということもできます。

もちろん均等に200万円ずつ貯めるのでなくても、お互いの経済状況に応じて割合を決めても良いでしょう。

付き合っているうちからお金の話をするのは抵抗がある、という人もいますが、結婚してからはお金の話がオープンにできなければ家計も上手く回りません。結婚式と言うのはお互いの価値観やお金の管理の仕方がよく分かるものですから、このときにじっくり話し合っておけば、結婚後の新生活もスムーズに動き出すと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事