貯金

結婚資金の貯め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

449

結婚するには、なにかとお金がかかります。挙式・披露宴でも数百万円かかりますし、新婚旅行、新居への引越し費用など、すべて合わせると400万円はかかると思っておいた方が良いでしょう。

最近は「ご祝儀払い」ができるケースも増えてきていますが、それでも、ある程度貯蓄がなければ結婚後に0からのスタートになってしまいます。

結婚してすぐに妊娠すれば仕事を続けるのが難しくなることもありますし、転職や失業といったことにも対応できなくなってしまいます。新婚早々、そんな事態は避けたいですよね?

スポンサーリンク

新生活を始めたときに、せめて100万円程度は貯蓄があるような状態を目指しましょう。

さて、結婚を意識しだすと、二人でお金を貯めよう、という話をすることもあるかと思います。

でも、お互いに収入も違いますし、実家暮らしか一人暮らしかで生活のゆとりも違ってきます。お互いが平等に、というのはなかなか難しいものですね。

そして、なんとなく話をしているだけではなかなか貯めにくいものです。どちらかが一生懸命貯蓄したのに、相手は全然お金を貯めていなかった!ということもあり得ます。でもそれで失望するのは早計です。

たしかに、経済的に親から自立していて経済観念がしっかりしていて、無駄遣いはせず、しかもお給料の多い人なら文句なしです。でも、大半の人はそうではありません。

主婦向けの雑誌を見てみると分かることですが、「目指せ100万円貯蓄!」「年末までに10万円捻出計画!」などと、家計のやりくりに関する記事は毎月絶えず載っています。ということは、それだけお金を貯めるのが難しい、ということです。

お金をしっかりと貯められる人と言うのは、一種の才能だと思っても良いでしょう。それ以外の人は、明確な目標を設定し、明確な貯蓄計画を設定し、かつ無理のない範囲での金額を貯めるように工夫しないと、なかなか上手に貯蓄できないものです。

女子の方が必死にお金を貯めるのは上手な人が多いようで、男性の場合は貯めるつもりはあっても付き合いなどで思うように貯められない人が多いようです。もちろん逆のパターンもあります。

結婚を意識すると「本当にこの人で大丈夫だろうか?」「お金にだらしないみたいだから辞めておいた方がいいのかな?」と不安になることも増えます。

一生一緒に過ごそうとするのですから、自分の決断に間違いがないか不安になるものですよね。

でも、「お金にだらしない」と言っても、あればあるだけ使ってしまうとか、現在の貯蓄残高が0、という程度ではまだ見込みはあるといえるでしょう。

そういう人は自分でも自覚していて「あったら使っちゃうから管理してほしい」と言ってくれる人も多いですし、「毎月3万円ずつお互いの口座に入れるようにしよう」と具体的な計画を立ててあげれば真面目に遂行してくれる人も多いものです。

逆に心配なのは、ギャンブルをしすぎる人や、平気でうそをつくなど金銭感覚以前に問題がある人です。このような場合は周囲に意見を求めて、冷静に判断するようにしましょう。

では、具体的に、どのように貯めれば良いのかを考えてみましょう。

よく聞くのが、「共有口座」を作る、というものです。

ただ、連名での口座開設はできませんし、どちらかの名義で作ることになり、あまりおすすめできません。考えたくないことですが、万が一結婚が破談になってしまったときに揉める原因になってしまいます。

お互いに結婚する意志が強い、という場合でも、万が一交通事故などでどちらかが亡くなってしまった場合に、親族ともめるケースも考えられます。

そこで、おすすめなのはそれそれが、結婚資金専用の口座を作ることです。

そして、お互いが自分の口座に決まった金額を入金していきます。このとき、通帳はお互いに見せ合うというルールを作っておくのがおすすめです。疑うわけではなく、ルールとして決めておくことで、どうしても生活に困ってしまったときにこっそり使ってしまう、ということを防げます。

なかなか無いことですが、どうしても生活費に困ってしまった、という場合は必ず相手に報告してから使う、というルールも別途定めておきましょう。

また、お互いの負担割合についてもきちんと話し合っておきましょう。お互いが同じだけ貯めなければならないわけではありません。

実家暮らしか一人暮らしかによっても負担できる金額は変わりますし、収入も違うと思います。

それから、結婚費用の中には、女性側にかかる費用はけっこうあります。衣装も女性のものの方が高額ですし、ヘアメイクやブライダルエステなどでなにかと出費がかさみます。このようなお金は二人で貯めた分から出すのか、それとも女性側が自分で負担するのか、ということは事前に決めておいた方が良いですよ。

たいていは、男性側は「二人の結婚式なんだから二人の貯蓄から出せばいいよ」なんて言ってくれることが多いのですが、もしこの確認をしていないと、いざ見積もりのときに男性側が納得できない、ということもあります。事前に確認して了承を得ていれば問題ありません。

ただ、「衣装とかは全然いいけど、さすがにエステ代は自分で出してほしい」という男性もいます。その際にはエステ代は自分で捻出しましょう。

実際にいくら貯めるかについては、二人が月々捻出できる金額と、いつごろ結婚するのか、ということを考えながら決めていきます。

2年後に結婚したいのでそれまでに300万円貯めたい、という場合は1か月あたり12万5千円貯める必要があります。この金額が難しいという場合は結婚式を3年後にすることにして、1か月あたり8万円程度貯めるという計画にしても良いでしょう。

お金を貯めるために、結婚するまでは実家にもどって家賃分を貯蓄に回す、というのもおすすめの方法です。これなら節約すれば1か月10万円以上貯められる人もいるのではないでしょうか。

このように、結婚資金を貯める時には、二人で話し合うべきことがたくさんあります。その中でお互いの金銭感覚や価値観というものが分かるので、結婚前にぜひお金について十分に話し合っておきましょう。

結婚資金は、比較的貯めやすい貯蓄でもあります。一生に一度の晴れ舞台のための貯蓄ですからモチベーションが維持しやすく、また、非常にポジティブな目標でもあるので、楽しんで貯めることができます。結婚資金を計画に貯められたというカップルは、この先もお金に関してトラブルになるケースは少ないでしょう。

結婚前から、よくお金のことを話し合い、計画的に結婚資金を貯めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事