副業

古本をお小遣いに変える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

454

家計管理や貯蓄を考えるときに、「収入が増えたらいいのになぁ」と思う人も多いと思います。でも収入を増やすというのはなかなか簡単なことではありません。どれだけ仕事をがんばっていてもお給料が大幅に上がることはありませんし、副業をしようにも時間が無い、という人も多いと思います。

さらに「誰でも簡単にできる」などと宣伝されているネットワークビジネスなどに手を出して失敗してしまっては収入が増えるどころかお金を失ってしまうこともあります。

スポンサーリンク

そこで、そこまで大きな金額は手に入らなくても、ちょっとしたお小遣いを得る方法として、不用品を売る、という方法があります。

特に本は、メール便など安価な送料で売買できるので買いたいという人も多いものです。古本は古本屋に持ち込むのではなく、自分で売るのがおすすめです。

不用品を売るというと、ネットオークションを思い浮かべる人も多いと思います。でも、本の場合はアマゾンマーケットプレイスを使う方が売れやすいのではないでしょうか。

アマゾンマーケットプレイスというのは個人でも出品できるサービスです。本を購入する時にアマゾンを利用する人も多いと思います。新品の他に、中古での出品もあるのでモノによっては1円+送料250円で購入できることもあります。

そこで、不要な本はアマゾンで出品してみてはいかがでしょうか。アマゾンで出品する際にも手数料はかかりますが、値付け次第でちゃんと利益は出ます。

本の場合は「ISBNコード」によって簡単に出品することができます。ISBNコードというのは本の裏側に書かれているコードです。

価格をつけるときには、他の商品の価格を見ながら適正と思われる金額を設定します。人気のある本の場合は定価に近い金額のこともあります。価格の決め方は、本の状態によっても変えるようにしましょう。

「大変良い」「良い」「可」などの状態を選んで出品するので、「可」に該当するような古い本であれば価格を安く設定しておくことで売れやすくなります。

ただ、あまりにも人気の無さそうな本に関しては、出品しない方が良いでしょう。本にもよりますが、厚さが1センチを超える場合はメール便80円では送れませんし、2センチを超えるとメール便160円も対象外となります。

人気のなさそうな本の場合は、価格を1円にすることが多いですが、1円にしてしまうと送料でむしろマイナスになってしまうことがあります。

人気がなさそうな本というのは、その本の他の出品状況を見たときに、1円商品がずらっと並んでいる場合は要注意です。いくら10円や20円の設定をしたとしても、1円の商品が多ければ自分の本が売れることはなかなか無いでしょう。

また、話題の本を買ったらすぐに売る、というのもおすすめです。

話題になっている新刊は、読んだとすぐに売ればほとんど定価に近い金額で売ることができます。たとえば、定価が1,200円の本であれば、900円程度で出品する、ということです。900円に送料250円を足せば1,150円になります。販売手数料などを差し引くともっと利益は減りますが、それでも新刊の話題本が実質数百円で読めるようになりますよね。

新刊をお金をかけずに読むには図書館を利用するという方法もありますが、話題本の場合は貸出予約が殺到するので自分の番が回ってくるまでに数か月かかることも珍しくありません。

そのあいだに情報も古くなってしまいますから、早くに新刊を読みたい人はすぐに買って読み、すぐに売る、という方法をとることで節約になりますよ。

本をよく読む人は、本の保管場所にも頭を悩ませることが多いと思います。定期的に本棚の内容の見直しをしてみましょう。良書は手元に置いておきたいものですが、手元に置いていた本でも、数年経つと自分には不要なものになっていることもあります。

特に自己啓発本やビジネス本に関しては、自分が成長することによってその本を必要としなくなるときも来ます。良書の場合は古い本でも人気が衰えないものもありますから、出品してみるとすぐに売れてしまうかもしれませんよ。

さて、アマゾンでは売れそうにない本の場合は、古本屋に持ち込むと良いでしょう。アマゾンで売れそうにない本は古本屋に持って行ってもたいした値段はつかないのですが、ゴミ袋代を負担してまでごみに出すよりはマシですよね。

古本屋に持ち込むときには、帰りにまた本を買ってしまわないように気をつけましょう。

古本をお小遣いに変えるだけでなく本棚にもゆとりができるので、ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事