片付け

増やさない、捨てる断捨離について考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

460

みなさん、お部屋、片付いていますか?家がなかなか片付かない!という人は、けっこう多いものです。

でも、まったく片づけられない、ということではないんですよね。

「よし、やるぞ!」

と、やる気を出せばキレイな状態に片づけられる、という人も多いでしょう。

では、なぜその状態が持続しないのでしょうか?キレイな状態が持続していれば、部屋が散らかることはないのです。

スポンサーリンク

キレイが持続しない原因は?

まず、「使ったものを元に戻せていない」というのが、キレイが持続しない原因です。
はじめはできるんです。

徹底的に家の中を片づけたあと、しばらくはキレイな状態が続きます。でも、ちょっとハサミを使って、机の上に置きっぱなしになります。郵便物をあとで確認しようと思ってとりあえずテーブルの上に置きます。シャンプーを詰め替えたあと、後で捨てようと思って空の詰め替えパックをとりあえず洗面所に置きます。

こうしたちょっとしたことの積み重ねで、部屋は散らかっていくものです。

こうした「出しっぱなし」「置きっぱなし」になるのは、自分がだらしないから、と思っておられるかもしれません。でも、実はそうでは無いのです。

それよりも重大なのは、「収納の使い勝手が悪い」「物が多すぎる」ということです。

収納の使い勝手が悪いというのは、要はライフスタイルに収納が見合っていない、ということです。

たとえば、洗面所にゴミ箱があれば、シャンプーの詰め替えパックが放置されることはないはずです。ハサミの収納がデスクではなくキッチンにあればすぐに戻すかもしれません。

ちなみに郵便物を置きっぱなしにしないようにするには、届いたらすぐに開封するというのが鉄則です。マンションの集合ポストにゴミ箱が置かれている場合は、ポストから郵便物を取り出した時点で不要なものを捨ててしまうのが良いでしょう。

物が多すぎるその手段として有効なのが「断捨離」

さて、ここではもう一つの問題について考えてみたいと思います。それは、「物が多すぎる」ということです。

もっと広い家に住みたい。そう思っている人も多いと思います。でも、部屋が片づけられない人は、広い部屋に住めばさらに片づけられないようになります。収納スペースが多くなれば片付く、と思ってしまいがちですが、広い家に引越して収納スペースが増えれば、結局モノも増えていくものなんですよ。

ですから、広い家に引越しする前に、片づけができるように体質改善をしなければなりません。

その手段として有効なのが、「断捨離」です。数年前に流行し、実践したことがある人も多いのではないでしょうか?

断捨離というのは、要はモノへの執着をなくし、不用意に物を増やさず、今ある不要なものは捨てる、ということです。

整理整頓術の一つとしてあまりにも有名ですが、ただ単に物を減らすということだけでなく、心の持ちようまで変えてしまう、不思議な力を持っています。

部屋が片付かない、と思っている人は、まずは不要なものを手放すことから始めなければなりません。

がんばればキレイに片づけられるけど、その状態が維持できないというのは、モノが多すぎる、という場合が多いんです。

収納スペースいっぱいにモノが入っているので、使ったものをさっと片づけることができず、手間がかかるので結局「あとで片づけよう」ということになり、部屋が散らかっていく、というメカニズムです。

そこで、不要なものをどんどん処分してしまうのがおすすめです。

souji01

「モノを捨てる基準」で残すものを見極める

不要なものと言っても、ひとそれぞれ基準があっても良いと思います。断捨離ではないですが、最近流行の「こんまり」こと近藤麻理恵さんの片づけ術の場合は、自分の「ときめき」を基準としています。ですから断捨離的には捨てるような不要なモノでも、自分がときめきを感じるものなら残してもいい、という基準があっても良いと思います。

また、一般的によく言われる「モノを捨てる基準」としては、たとえば衣服なら、2年着ていないものは処分する、といったことです。他にも、同じような形、デザインのものは捨てる、使っていないものは捨てる、などとどんどん分別していきます。

文房具に関しても、本来、ボールペンは1本あれば良いはずです。誰かの忘れものや、何かのイベントでもらった記念品のボールペンなど、過剰なストックを持たないようにすることも大事です。

また、思い出の品は残しておいても良いかもしれませんが、デジカメで撮影してデータとして残し、現物は処分する、という方法もあります。いただきものに関しても、趣味に合わないものや使いみちがないものに関しては処分してしまいます。気持ちだけ、ありがたく受け取っておきましょう。

時には迷ってしまうこともあると思いますが、ほとんどのものは迷わずに捨てられるのではないでしょうか。
それほど、人間が住んでいる家というのはムダなものが溢れているということです。

ただ、「捨てる」と言っても、本当に「ゴミ」として出す必要はありません。まだまだ使えるものも多いと思いますから、リサイクルショップやバザーで売っても良いと思います。余力があれば、オークションなどを利用するとおこづかい稼ぎにもなりますよね。

その手段として有効なのが、「断捨離」

どうしても捨てるべきか残すべきか迷ったときには、「とりあえずボックス」を作ります。大きめのダンボールを用意して、判断に迷うものはすべてそこへ入れていきます。

すべての分別が終われば、家の中は「本当に必要なモノ」だけがある状態になります。モノの量自体が減るので収納が楽になりますよね。キレイに収納して散らかりにくい部屋を作るには、収納に2~3割の余力を残しておくのがおすすめです。

収納いっぱいにモノが入っていると片づけにくくなりますし、押し入れやクローゼットの場合は湿気もこもりやすくなってしまいます。

そして、「とりあえずボックス」に入っているものは、そのまま家の中でしばらく保管します。半年~1年程度を目安にするのが良いですね。保管しているあいだに、使うものがあった場合は取り出します。

そして使ったあとは、そのモノに最適な収納場所を決めて、収納していきます。そうして、半年~1年たってもボックスに残っているものは、これからも出番のないモノたちです。「やっぱりどうしても残しておきたい」というモノ以外は思い切って処分しましょう。

新しいモノを増やすことにも慎重になろう!

断捨離と言われる考え方では、新しいモノを増やすことにも慎重にならなければなりません。安いからと言って安易に買い物をするのは控えます。モノを買う時には、似たようなものを持っていないかとか、収納場所があるか、ということまで考えるようにすると、無駄なものを買わなくなります。

ただ、モノを増やさないようにする、というのは、自分の努力だけでは難しいこともあります。

それは、「人様からもらう」ということがあるからです。プレゼントや、イベントの景品など、自分でそのつもりがなくてもモノが増えてしまうことはあります。その場で「大丈夫です、いりません」なんて言えないことも多いと思うので、家に持ち帰ることになりますよね。

断捨離が上手くいかないとか、片づけてもまた散らかる、という人の場合は、もらい物によって収納スペースが侵食されているケースも多く見受けられます。ですから、いくら徹底的に不要なものを処分したとしても、結局また不用品は増えます。

そこで、定期的に家の中を見直し、断捨離をおこなっていくことは必要になるでしょう。つねに100%家が片付いている、という人はそう多くはないはずです。人が来る前にキレイに片づけるだけで、普段は雑然としている、というお宅も多いものです。

片づけが上手くできないと自分がダメ人間のように感じてしまうこともあるかもしれませんが、決してそうではありません。

テレビや雑誌で家の中を公開している人も、たいていは直前にある程度カメラを意識した片づけをしているはずです。完璧に片付いている、という状態が常に続くものではないということを理解しつつ、ストレスにならない程度に片づけをしていくようにしてみてはいかがでしょうか。

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト■
自宅で簡単換金!宅配買取サービスの『ネットオフ』公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事