片付け

小さいところから片づける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

462

片づけ術というと、実はさまざまな方法があります。ダイエットのように、その方法は膨大な数にのぼるのではないでしょうか。

そんなさまざまな片づけ術の中で、よく言われるのが、「小さなところから片づける」という方法です。

これは、はじめからタンスやクローゼットなど大きなところに手をつけてしまうと途中で飽きてしまったり諦めたりしてしまうためです。

小さなところから片づけを始めれば、さほど苦にならない上に家の一角は確実にキレイになるわけですから、やる気アップにもつながります。

スポンサーリンク

小さなところというのは、たとえばこんな場所です。

・食器棚の引き出し
・机の引き出し
・洗面台の収納
・玄関のシューズボックスの上

範囲が狭く、モノの数も少ないので、比較的短時間で、簡単に片づけることができます。

まず食器棚の引き出し。お箸やスプーン、フォークなどのカトラリーがきちんとあるべきところに片づけられているでしょうか?家族の人数以上に同じモノがありませんか?それぞれのアイテムは、家族の人数分だけを入れるようにするとすっきりします。

来客用のものは、まとめて他の場所に移すようにしましょう。これは、お皿やカップなど他の食器にも言えることですから、食器棚全体の片づけをするときに気をつけてみてくださいね。

食器棚の引き出しには、お弁当用のカップやバラン、ピックなどの小物類を収納している人も多いと思います。こうした小物類も、まずはストックが過剰になっていないかを確認します。引き出しに入れるのは最低限にして、ストックは別の場所に保管するようにしましょう。過剰にストックを持たないように買い物のときにも気をつける必要があるでしょう。

収納するときには、まず、仕切りがきちんと機能しているかを考えて、不備があれば仕切りを見直します。

カトラリー類に関しては100円ショップの長細い箱などを利用している人も多いと思いますが、サイズがきちんと合っているかが大切です。サイズが合っていないところに収納すると、キレイに見えないだけでなく機能性も落ちるので、仕切り方を見直していきます。

小物類に関しても同様です。市販のカゴやケースで上手く収納できない場合は、自分で組み合わせて使える「仕切り板」を利用するのがおすすめです。好きなところでカットして使えるので、ニーズに合った仕切り方をカスタマイズできますよ。

机の引き出しに関しても同様です。子どもには整理整頓をうるさく言っていても、自分のデスクの引き出しが散らかっている、ということはありませんか?なんでもかんでもぽいぽいと放り込むクセを辞めて、なにを収納してなにを収納しないのか、決めておきましょう。

特に自分のことになるとお金をかけずにテキトーな収納で済ませている人も多いので、きちんと片づけるなら新たに収納用のアイテムを買い足すことを考えるのも必要です。

そして、洗面台の収納も、比較的とっつきやすい部分ですね。特に洗面台の鏡の両サイドにある収納、ちゃんと活かせているでしょうか?

化粧品類や歯磨き粉、歯ブラシ、ドライヤーなどを収納することが多いですが、空になった容器がいつまでも置きっぱなしになっていたり、ドライヤーのコードがねじれて収納しにくい状態になっていませんか?無駄なものは排除して、スッキリと片付いた状態にしておきましょう。

洗面台の下の収納は、モノが多くなりやすい場所です。洗剤やシャンプーなどのストックもここに収納している人が多いと思います。洗面台の下の収納は特に仕切ったりもせずにそのままさまざまなモノを置いている場合がありますが、ここもきちんと整頓できるように、収納方法を見直します。特に液体洗剤やシャンプーの詰め替えは、簡単に倒れてしまいますよね。

整理してみると、ずっと前に買った詰め替え用が奥で倒れていた、なんていうこともあるので要チェックです。詰め替え用は、ファイルボックスに入れて収納すると見た目もスッキリしますよ。

それから、玄関の片づけをしましょう。シューズボックスの上は、いつのまにか散らかっているという人も多いと思います。家族の誰かが置きっぱなしにした鍵、印鑑、ダイレクトメール、とりあえず置き場所に困って玄関に設置した置物など、ごちゃごちゃしていないでしょうか。

玄関は家の顔です。ごちゃごちゃしているとあまり良い印象にはなりませんし、不要なものは徹底的になくしましょう。一方、鍵など玄関に置いておきたいものもあります。鍵用の小さなボックスを備え付けるなどして、他の家族がきちんと収納できるような工夫をすることが大事です。ボックスはフタの無い、放り込むだけのものにすることで片づけへのハードルが下がります。

また、靴の数にも注意します。もし、シューズボックスに入りきらないほどの靴がある場合は、処分することも考えましょう。家族の人数に対してシューズボックスが小さいということでしたらシューズボックスを大容量のものに買い替えるのも良いですが、収納を増やすとついまたモノを増やしてしまうタイプの人もいるので注意が必要です。

靴は基本的には玄関に置きっぱなしにせず、すっきりとした玄関を目指したいものですね。

このように、小さなところから手を付けることで、少しずつ家の中をキレイにしていくことができます。月に1回でもこの方法で片づけをしていけば、だんだん家の中がキレイになっていきますよね。

ただ、この方法はすべての人に向いているわけではありません。ダイエットでも毎日少しずつカロリーを減らすとか、短期間に集中してダイエットをするとか、いろいろな方法があります。自分に向いている方法なら簡単に痩せられても、合っていない方法だとなかなか痩せなかったり、ストレスが溜まって続きませんよね。

片づけに関しても、小さなところから少しずつ片づけるのが合っている人もいれば、「今日と明日は片づけ!」と決めて家中を一気に片づける方が合っている人もいます。不用品は一気に処分してしまいたいとか、普段はずぼらでもエンジンがかかれば一気にできる、という人には、小さなところから片づけるよりも、いきなり家中をひっくり返して片づける方が合っているかもしれません。

自分がどちらのタイプか分からない場合は、まずは小さなところを片づけてみて、それでストレスが溜まったり他もどんどん片づけたい、と思えば、一気に片づけるようにすると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事