節約

節約をがんばったらご褒美が欲しい!おすすめご褒美とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25

貯蓄をするために節約生活をしていても、たまには贅沢したくなりますよね。

どれぐらい節約するのか、ということにもよりますが、タイトな貯蓄計画をしていると節約もシビアにしなければならず、ストレスが溜まることもあるかもしれません。特に長期間に及ぶ節約をする場合は、上手に息抜きをすることが貯蓄成功のコツだと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

でも、「自分にご褒美」と称して日頃の欲求が爆発してしまうことのないように気をつけましょうね。
ダイエットと同じように、必要以上に厳しい節約を続けているとストレスが爆発して、ドカ食い→リバウンド、のようなことが起こってしまいます。節約の場合は、それが衝動買い→貯蓄ゼロという恐ろしい結果になりますから、くれぐれも貯蓄を台無しにしない範囲でプチご褒美を楽しむようにしましょう。

自分へのご褒美としては、達成金額に応じて決めておくのがおすすめです。
貯蓄を始めてすぐのあいだはなかなか貯蓄が増えずにじれったさを感じやすく、ストレスが溜まりやすい時期でもあるので、小刻みに区切ってご褒美をもうけるのがおすすめです。

たとえば、5万、10万、15万、20万、30万、50万……というように、あらかじめご褒美ポイントを決めておくと良いでしょう。

では、ここからおすすめのプチご褒美を紹介します。

【予算1,000円程度】
カフェでケーキセットを食べる

ちょっと良いチーズと格安ワインで晩酌

100円ショップで好きなものを買う

【予算3,000円程度】
ホテルのランチバイキングに行く

フットマッサージを受ける

宝くじを10枚買ってみる

【予算10,000円程度】
日帰りで温泉に行く

アロママッサージに行く

欲しいジュエリーを1個買う

いかがでしょうか?
プチご褒美というと、ちょっと良い食べ物、というイメージもありますが、それ以外にもいろいろありますよね。美容にお金を使いたい人なら、エステやマッサージ、低予算なら良い入浴剤を買って半身浴、というのも良いですね。食べ物でもスイーツだけでなく、レストランのディナーや美味しいお酒、という手もあります。
「次のご褒美は何にしようかな?」と考えながら貯蓄をするのは楽しいと思います。
そして、100万円や1000万円など大台に乗った時には、少し奮発して旅行に行くなどの贅沢をするのもおすすめです。

ただご褒美を設定する場合には、くれぐれもリバウンドにならないように節度を持って予算を設定するようにしましょう。また、良いご褒美が思い浮かばない場合は次回のご褒美の予算に上乗せしておけば、さらに贅沢なご褒美を狙うこともできますよ。

また、家族で節約に取り組んでいる場合には、家族で楽しめるプチご褒美や、夫婦で楽しめるものを用意するのも忘れないでくださいね。家族で協力して節約に取り組めば成果も出やすいですし、協力して目標を達成できたら、家族で外食やお出かけなど、みんなが楽しめるご褒美も準備しておきましょう。
いろいろ考えて、楽しく節約&貯蓄ができるように工夫してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事