片付け

いつもキレイなお風呂をキープするためにわたしが捨てたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

掃除大好きだけど面倒くさがりのわたしです。

掃除をすること自体は本当に好きなんですが、面倒くさがりな上に仕事も忙しく、つい掃除をサボってしまいます。
それでも、どうしてもお風呂はいつもキレイな状態に保ちたかったため、結果として浴室に置くモノの量を大幅に減らしました。

それはどういうことなのか、また、何を捨てたのかということをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

モノを減らした理由

まず、お風呂掃除とモノの量というのは密接な関係があります。
そもそも、掃除をする際には、前提として掃除をする場所が片付いていることが必要ですよね。
掃除したい場所が散らかっていると、まず片付けからしなくてはなりません。

忙しい毎日の中で、「片づけをしてから掃除をする」というプロセスを繰り返すのはどうも不毛です。

また、掃除の手間自体を減らしたいという思惑もありました。
たくさんのモノが浴室にあると、それらもすべて掃除する必要があります。たとえば、シャンプーボトルの底にヌメヌメがつかないように拭くとか、ラック自体にヌメヌメが付かないように拭くとか、そういったことです。

浴室にあるモノの量自体が少なければ、それだけ掃除が楽になるということでもあります。

わたしが捨てたもの

風呂イス

お風呂のイスって、本当に嫌なぐらいヌメりますよね……。あの若干複雑な形状のものをいちいち拭くのがすごく苦痛なので手放しました。
体を洗うときには、立ったままです。

洗面器

普段、体を洗うときはシャワーを使います。
節約的には良くないとは思いますが、洗面器をほとんど使わないということに気づいてからは手放しました。

お風呂のフタ

もう長らく、我が家のお風呂にフタはありません。
家族の人数が少ないし、お風呂に入るときには間髪入れずに入るようにしているから必要が無いのです。

美容系グッズ

わたしが使うためのマッサージジェルやトリートメントなど……。毎日使うものでもないのに、気温変化の激しい浴室に置きっぱなしにする必要はないのではないか、と。クレンジングオイルも。
洗面所に収納し、必要なときだけ持って入ります。

ボディタオル

家族分のボディタオルは、入浴時に持って入るシステムです。洗面所に置いています。
家族は浴室から出すのを忘れますが、たいてい最後にお風呂に入るわたしがまとめて外に出して乾燥させます。

我が家の浴室にあるもの

現在、我が家の浴室にあるのは2つだけ。

シャンプー

DSC_0683
コンディショナーを使わないので、これで髪を洗えば完了です。実は、プレゼントとかでもらわない限りはコンディショナーやトリートメントなども使いません。

でも、あれこれいろんなトリートメントを試していたときよりも髪の調子はいいです。

石鹸

DSC_0684
黒く見えるのが石鹸。これは、炭入りなので黒いです。普段買うのは牛乳石鹸です。
紐つきのネットに入れて、シャワーヘッドをかけるところに引っかけています。

ソープディッシュに置いているとディッシュ自体の掃除が面倒になるのでこのようになりました。「モノを移動させてから掃除をする」ということがキライなわたしは、「つるす収納」が大好きです。

ちなみに、顔も体も石鹸で洗っています。

毎日掃除しても苦にならない!

もともと、わたしが一人暮らしを始めた頃(10年ほど前)は、浴室にあれこれ置いていました。シャンプーやボディソープ、美容系グッズなどなど。ひどいときには詰め替え用パックの抜け殻が置きっぱなしになっていたり。

でも、子供を産んで、主婦向けの雑誌を見たりしているうちにだんだん掃除、片づけに目覚め、徐々にモノが減って生きました。
一時期は石鹸とシャンプーすら洗面所に置いていたのですが、そこまでしなくていいかな、と思い今に至っています。

今の状態でも、本当に掃除が楽です!
「今日は時間が無いから掃除できない……」なんてことはなく、サササ~ッと掃除が終わるので、キレイな浴室がキープできていますよ。
良かったら試してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事