片付け

室内にゴミ箱を置かない生活!実践具体例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、ゴミ箱をどこに置いていますか?
また、家の中にゴミ箱は何個ありますか?

ゴミ箱の中身をゴミ袋に移すのは面倒ではありませんか?
ゴミ箱にイヤ~なニオイが付いて、気持ち悪くなりませんか?

今回は、室内にゴミ箱を置かないことについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

室内にゴミ箱を置かないことのメリット

ゴミ箱を室内に置かないということは、要はベランダなど外にゴミを置く、ということになります。そうすると、どのようなことが起こるでしょうか?

ニオイが気にならなくなる

ゴミの中でも、生ごみは強烈なニオイを放ちます。また生ごみでなくても、お菓子の袋など食べ物が入っていたゴミに関しては放っておくと他のニオイと混ざり合って嫌なニオイになります。

室内にゴミを置かないようになると、そういったゴミのニオイに悩まされることがなくなります。

場所を取らない

ゴミってかさばりますよね。
各部屋に一つずつゴミ箱を置いて、さらに洗面所や玄関などにもゴミ箱を置いたとすると、一体何個のゴミ箱を所有することになるでしょうか?
掃除をするときにも、ゴミを集めるときにも、いちいち面倒です。

さらに、最近は細かく分別しなければならず、ゴミ箱の数は増えがちです。一般ごみ、ペットボトル、プラスチック……と袋を分けているとそれだけ場所も取ってしまいますが、室内にゴミ箱を置かないことで、この問題は解消できます。

室内にゴミ箱を置かないことのデメリット

一方、室内にゴミ箱を置かないようにすると、不便なことなども起こってきます。

いちいち捨てに行くのが面倒

室内にゴミ箱が無い場合は、ゴミが出たらいちいち外に置いてあるゴミ箱まで捨てに行かなくてはなりません。家事をしているときは動き回っているので気になりませんが、くつろいでいるときだといちいち動くのが面倒くさくなります。

カラス、虫、苦情

外にゴミを置くと、嫌~なニオイは室内ではしなくなりますが、その代わりにベランダがにおうようになることもあります。マンションの場合は特に、お隣さんや上下の階の人にとっては苦痛な場合もあり、苦情につながることもあります。

また、虫やカラスが寄ってくるようなケースもあり、この場合はゴミの置き方を考えなければなりません。

ゴミの置き方具体例

ゴミを室内に置かない場合は、庭やベランダにゴミを置いておくことになります。
でも、ただ無造作にゴミ袋を置いておくだけというのはNGです。

ゴミ箱を用意する

基本的には、ゴミの分別の数だけゴミ箱を用意します。
※「金属小物」など滅多に出ないゴミに関しては用意しなくていいです。

筆者が住む地域の場合は、「燃やすごみ」「缶・びん・ペットボトル」「ブラスチック製容器包装」の3種類がメインとなります。
我が家では、20リットルのゴミ箱を使っていて、3つセットで連結できるものを買いました。シンプルなものにすると、景観を乱すこともありません。

生ごみについて考える

紙など臭うことのないゴミに関しては外に置いておいても何の問題もありませんが、生ごみはニオイがします。
そこで、外に出しても大丈夫かどうか考えましょう。
基本的に、南向きのベランダに出すことはおすすめしません。暖かいとニオイもキツくなるからです。北側の日当たりの悪いところにベランダがあれば、そこに置いてみましょう。筆者の家には北向きのベランダがあるのでそこにゴミ箱を置いています。

また、冬は外に出しておいても問題ありませんが、夏は極力出さない方が良いでしょう。野菜の皮程度なら問題ありませんが、肉類や魚に関してはものすごいニオイがするので、抵抗が無ければゴミ収集日までは冷凍庫で保存するとか、「新聞紙にくるんでから袋を2重にして捨てる」などの工夫をしましょう。

小さな子供がいる場合はゴミ箱の形状に注意

子供がベランダから転落する事故というのがときたま起こります。
通常、ベランダの柵は子供が乗り越えられない高さに設定されているのですが、踏み台になるものがあれば転落してしまいます。その場合は縦型に連結されているタイプのゴミ箱を選ぶなどして、子どもが登れないようにしておくことが重要です。スペース的に難しい場合は、諦めた方が良いでしょう。

ゴミの仮置き場を作る

ゴミをいちいち外に捨てに行く、というのは面倒なときもあります。
筆者は、ゴミを置いているベランダがリビングにあるので、リビングで出たごみやキッチンで出たごみに関してはすぐに捨てられます。

ただ、仕事部屋にいるときはそうはいきません。
仕事部屋からリビングのベランダまで毎回行くのは面倒です。

そこで、使っていないファイルボックスをゴミ箱代わりにしています。
仕事部屋で出るごみと言えばたいていは書類などで、あとはお菓子の袋なんかもありますが、生ごみや濡れたものはないのでファイルボックスにざっくり入れてしまっています。

そして、夜もしくは朝に、1日分のゴミをベランダに捨てにいくようにしています。ファイルボックスにはなにもかもまぜこぜで入れているので、ベランダに出すときに分別しながら入れています。

みなさんも、自分の生活に合わせて、こまめにゴミを捨てに行けない場所で出たごみに関してはゴミの仮置き場を作るようにしてみましょう。そうすればゴミが散らかることなく、かと言ってゴミが室内に溜まることもないので、室内のニオイも気にならず、室内を広く使うことができるのでおすすめですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事