片付け

誰が来ても困らない!玄関に置くものを厳選するときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の中で、唯一頻繁に人に見られるのが玄関です。

自分たち家族の他、友達や知人、それから近所の人、子供の友達、宅配業者の人などなど、いろんな人に見られるのが家の玄関なんですよね。

でも、来客があるたびに憂鬱な気分になっていたりしませんか?
「汚い玄関を見られたくない」と思っていると、来客自体が億劫になるものです。

また、汚い玄関に慣れてしまって、今この記事を読みながら「ハッ」とした人も少なくないでしょう。
玄関をキレイにしていればいつ誰が来ても堂々とできるので、ぜひポイントを抑えてキレイな玄関を実現させてくださいね!

スポンサーリンク

多すぎるモノは撤去する

玄関が、便利な仮置き場なっていませんか?

ポストに入っていた郵便物、宅配業者が来たときのための印鑑、家の鍵、子供のサッカーボール、捨てそびれている電球などなど、玄関にはいろんなモノを置いてしまいがちです。

今、自宅の玄関に置かれているモノのうち、本当に玄関に必要なモノはどれぐらいあるでしょうか?
人によってはほとんどが要らないものだったりしますので、しっかりチェックしてください。

玄関にあっていいのは、この程度のモノだと思います。

当然、シューズボックスに入った状態の靴です。
脱いだ靴がそのまま玄関に何足も置かれているような状況はもちろんNG!
その日に履いた靴以外はすべてシューズボックスに片づけるクセをつけましょう。

また、一人暮らしなどで簡易なシューズラックを置いているだけという人は、ラックであれば通気性が良いので履いた靴もすぐに戻すようにしましょう。

傘は、玄関に置くしかありませんから堂々と置いてください。
ただし、あまりにも傘の本数が多すぎたりしませんか?
家族の人数に対して傘の数が多すぎる場合は量を減らしましょう。

ビニール傘が大量にあるという家庭の倍は、ビニール傘を手放して良い傘と、良い折りたたみ傘を購入するのがおすすめです。その方が大事にするので雨が降るたびにビニール傘が増える、ということがなくなります。

傘はせいぜい一人あたり2本程度にとどめるようにしましょう。

印鑑

宅配業者が来た時などに使う印鑑です。シャチハタタイプの印鑑の方が便利なので、玄関に置いておくと良いと思います。
我が家も、100円ショップで買ったシャチハタを1本だけ玄関に置いています。

インテリア小物

シューズボックスの上に花瓶を置いて花を飾るとか、壁に絵画を飾るとか、そういうものはOKです。
ただ、旅行で買ったガラス細工や小さな置きモノ、木彫りの何かなど、統一性の無いものをごちゃごちゃ置くのはおすすめしません。
見た目がうるさいですし、掃除も大変になるので厳選して飾りましょう。

基本的には、小さいものをこまごまと飾るよりも大きな絵画をひとつ、というようにした方がすっきりするのでおすすめですよ。

玄関に置いていても良いのは、基本的にはこれぐらいです。その他のものは撤去してしまいましょう。
鍵などは、リビングに置いておく方が良いと思うのですが、もし玄関に置いておきたいのであればシューズボックスに収納してしまうなどして、見えないようにしてしまうことをおすすめします。

おそらく、散らかっている玄関になっている人の場合はここで紹介したもの以外のモノが多すぎるのだと思います。あれもこれも玄関に置かないで、それぞれきちんと定位置を決めて散らからないように注意してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事