片付け

玄関が暗い原因は!?照明を変える以外にできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんのお宅の玄関は、人にどのような印象を与えていますか?

玄関は家の顔です。
暗~い雰囲気を醸し出すよりも、明るくさわやかな印象を与えたいものですよね!

そこで、暗い玄関を明るくする方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

照明を考える

まず、物理的な暗さをどうにかできるのが照明を変えることです。

電球のワット数が低かったり、色味が暗いとどうしても玄関が暗くなってしまいます。
夜でもくもりの日でも明るい玄関を演出するために、明るい照明に変えてみましょう。

玄関に備え付けられている電球だけでは物足りない、という場合はさらに間接照明をプラスして明るくする、ということもできます。

家具や壁紙の色を変える

木目調の壁などの場合、色が暗いとどうしても玄関全体が暗い印象になってしまいます。
玄関の壁をセルフリノベーションすることでこの問題は解決できますね。賃貸でも、剥がせるタイプの壁紙があるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

壁紙を変えると一気に雰囲気も変わりますよ。大変そうに思われるかもしれませんが、玄関だけですし、自分でやるなら数千円でおさまります。

さらに、シューズボックスの色を塗り替えるという方法もあります。
スプレーで簡単に色を塗り替えることができますし、ダークブラウンなどの暗い印象の家具でも、オフホワイトやブルーなど、好みの色に変えてしまいましょう。
そうすると、玄関の印象が見違えるほど変わります。

「明るい何か」を飾ろう

玄関のインテリアにこだわることで、明るい玄関にすることができます。

たとえば、明るい色合いの絵画を飾るというのも一つの方法ですね。絵画でなくても、大きいサイズのジグソーパズルを額に入れて飾っても良いでしょう。
子供がいる人は、子供と一緒にジグソーパズルをやるのもおすすめです。

それから、花が飾ってあると玄関の印象は一気に明るくなります。
その際、造花ではなく生花を飾る方がおすすめです。水を変えたりする手間はありますが、その方が生活にも張り合いがでますし気分も良いと思いますよ。

このように、絵画やお花など明るい印象のものを飾ることによって玄関の印象は変えられます。

明るい玄関をつくる上で注意すること

玄関を明るくしたいなら、気を付けなければならないことがあります。

それは、モノを置きすぎないこと掃除を怠らないことです。

まず、モノが溢れている玄関の場合は視覚的にごちゃごちゃしてうるさくなるので、明るく洗練されたイメージとはかけ離れてしまいます。不要なモノをあれこれ置かないようにして、スッキリとした見た目を心掛けるようにしましょう。

そして、掃除も大切です。
玄関は、靴についた砂やホコリが溜まりやすい場所。
それは玄関の床だけでなく、舞い上がることによってシューズボックスの上や壁が薄汚れる原因でもあります。

こまめに玄関の掃除をすることによっていつもキレイでさわやかな玄関がキープできますし、片付いた玄関であれば掃除をするのもさほど苦にならないはずなので、ぜひ気を付けてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事