片付け

自分が持っている服の数を把握できれば服は片付きます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、自分がどれぐらいの服を持っているか把握していますか?

おそらくほどんとの方は、自分が持っている服の数を把握していないと思います。
だから、いつも「収納が足りないから服が片付かない」とか「片づけてもすぐに散らかる」といった問題を抱えているのだと思います。

そこで、試しに服の数を数えてみましょう。そうすると、今までよりもぐっと片づけやすくなるんですよ。

スポンサーリンク

数えて、服の量を減らす

服が片付かないという人は、たいていいらない服まで大量に持っています。
そこで、自分が持っている服を残らず把握するつもりで数えてみましょう。

絶対に、数えているうちに「この服はいらないな」というものが出てくるはずです。
そうなればしめたもので、その服は売るなり捨てるなどして処分して、服の量を減らします。

そう、数えるのって面倒くさいんです。
大量にある服をいちいち数えようと思うと、「あれ、これ数え忘れたかも」なんてよく分からなくなりますし、面倒くさいから服の数を減らしたくなります。一目見て、すぐに数が分かるぐらいにまで服の量を減らせると大成功だと言えるでしょう。

カテゴリ別に分けて数えよう

服を数えるとき、さすがにすべてをごっちゃにして数えてしまうと数字が大きくなりすぎてしまうので大変です。
また、ごっちゃにして数えてもあまり問題の解決にはなりません。

人によって、持っている服のカテゴリは異なります。
たとえばボトムスを全然持っていないのにワンピースばかり持っている、というように、持っている服の偏りに気づくには、カテゴリごとに分けて数えることが重要です。
以下のようなカテゴリで、数を数えてみましょう。

トップス

トップスは、こんな感じで分けましょう。
・Tシャツ
・キャミソール
・カーディガン
・セーター
・パーカー
・チュニック
・ブラウス
・ジャケット
など

ボトムス

ボトムスは、

・パンツ
・スカート

とざっくり分けても良いですし、服の量が多い人は

・パンツ
・ショートパンツ
・ミニスカート
・ロングスカート

などのように細かく分けても良いと思います。

アウター、ワンピース

アウターはそこまで量は多くないと思うので、アウター全体でカウントすると良いと思います。

ワンピースも同様です。
ただ、量が多い場合は
・冬物
・夏物

と分けても良いですし、

・ミニ
・ミディアム
・ロング

と分けても良いと思います。

ファッション小物

ベルトやストールなど、小物類はそれぞれモノ別に分けてカウントしましょう。

お呼ばれ用

結婚式などのお呼ばれで着るドレスや、フォーマルスーツはこのカテゴリでひとまとめにカウントしましょう。

パジャマ、部屋着

パジャマは夏物も冬物もひとくくりにカウントして良いですが、極端に夏物が多い、というような場合は厳選すると良いと思います。
部屋着に関しては、古くなった外用の服を部屋着にしていることも多いと思いますが、量が多い場合は厳選します。

その他

エプロンや、ジムに行くときに使うトレーニングウェアなども、忘れず数を確認しておきましょう。

体は一つ、服は多すぎても管理が大変

あらためて自分の服を数えてみると、その数の多さに驚くでしょう。

自分の体は一つしかないのですから、たくさんの服を持ちすぎていても持て余すに決まっています。
自分がどのような服を持っているのか把握できないほどに服があるという場合は、似たような服を処分するなどして、自分がきちんと管理できるだけの量に調整すると良いですよ。

すると、今持っている服より確実に量が減るので、収納も楽になりますし、服の収納で困ることは減るのではないかと思います。ぜひ、試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事