お部屋探し

コムホームで1DKのお部屋を契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUUMOで気に入った物件情報を片っ端から印刷して不動産屋さんに持っていった

結婚を機に2人で住めるお部屋を探しました。
2人の勤務先が都営新宿線沿いだったので、馬喰横山~住吉あたりまでのエリアで探しました。

はじめ、トラストレジデンスさんに伺い、最終的にコムホームさんが管理しているお部屋を契約しました。

スポンサーリンク

SUUMOで気に入った物件情報を片っ端から印刷して不動産屋さんに持っていきました。20枚ほどあったと思います。
最終的に5件に絞り込み見学に行ったのですが、お互い細かいので部屋の隅々まで見て、しかもメジャーで採寸までさせてもらったのですが、嫌な顔ひとつせず付き合ってくれた担当の方には本当に申し訳ない思いでいっぱいでした。

最終的に2人の意見が割れてしまい険悪なムードになってしまったのですが、担当の方がうまくまとめてくれて助かりました。

角部屋で3面採光だったため、いつも部屋が明るくてすがすがしい気持ちで暮らすことができた

43平米ほどの1DKのお部屋に決めました。築23年ほどのマンションでしたが床や壁、外観も
綺麗だったのでそこに決めました。

大家さんがしっかりメンテナンスしてくださっていて、廊下などの共有部分は常に綺麗でした。
お部屋のことで困ったことがあると、すぐに業者さんが来てくれるところも良かったです。

角部屋で3面採光だったため、いつも部屋が明るくてすがすがしい気持ちで暮らすことができました。

しっかりしたマンションでしたので隣の家の音が聞こえることもなく、私たちも安心して大声で笑ったり喧嘩したりできました。

立地的は最高でした。勤務先からも近いし、銀座や丸の内からも近いし、美術館も近いし、自転車で晴海の方まで行ったこともあったりして休日は退屈しませんでした。

換気扇の音がうるさいし、お風呂場の排水溝が詰まりやすかったり、お風呂も使い古された感じだった

お部屋自体は綺麗なのですが、水周りの部分は気になりました。

換気扇の音がうるさいし、お風呂場の排水溝が詰まりやすかったり、お風呂も使い古された感じがしてお部屋を決めるときに、水周りの古さが気になって悩みましたが、予算的にも仕方ないと妥協した部分でした。住んでみて、やっぱり好きになれないものは好きになれない。妥協するべきではなかったと思いました。

あと、1DKだったので、ご飯を食べたりテレビを見たりする部屋と寝る部屋が同じになってしまい、どちらかが遅くなると先に寝ていた人が起きてしまい、お互い気まずい思いをしました。やっぱり部屋はもうひとつあった方がよかったと思いました。

長く住めるお部屋と出会うために、きちんと自分のビジョンをまとめておくことをお勧め

どの街に住むか、築年数、広さ、間取り、家賃などなど、たくさん条件がありすぎて、贅沢を言ったらきりがないし、どこで折り合いをつければ良いのかわからなくなってしまう事があると思いますが、一度紙に書き出して優先順位を付け直すと良いと思います。

私と主人は、2人でこの作業をした結果、2人とも築年数が最優先事項だという事がわかり、更新を機に少し郊外だけど同額の家賃の新築物件に引っ越しました。通勤時間は長くなりましたが、今の家をすごく気に入っています。

長く住めるお部屋と出会うために、きちんと自分のビジョンをまとめておくことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事