お部屋探し

東京都世田谷区の賃貸業者をたくさん回って情報収集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物件探しのタイミングは重要

結婚直前まで住んでいた東京都世田谷区でお部屋探しをしました。

地元の賃貸業者を利用しました。

住みたい地域を決めていたので、そこの地域を多く取り扱う賃貸業者を、たくさん回って情報収集しました。

スポンサーリンク

大手の賃貸業者でも、住みたい地域の取り扱いが必ずしも多いわけでは無かったことや、地元の賃貸業者でも物件を紹介してくれる場所が近隣では無い事など、賃貸業者を数多く回ったことで分かったことが沢山あります。

また、紹介してくれる担当者の方によっても物件の印象も随分変わりました。

希望する物件を紹介してくれた賃貸業者は、偶然通りかかった場所に店舗があり、たまたま見つけた案内が目に入り、その日の閉店間際に店舗に入ったりと計画性が全く無かった割には、全て順調に事が運んだ結果の入居でした。

今思い返しても、タイミングは重要なんだなとつくづく思います。

1DKのお部屋でキッチンが広く収納場所も多くあった

1DKのお部屋で広くは無かったのですが、キッチンが広々していたところが気に入りました。それと収納場所が多くあったことも良かったです。

建物自体はちょっと古かったのですが、相場よりも安く入居できたことも決め手となりました。

最寄の駅からは徒歩3分なところや、最寄駅以外にも他の駅も2ヶ所利用が出来ることがとても便利でした。また仕事で遅くなっても道が明るいのですが、建物は住宅街の中なので生活の面ではとても静かで過ごしやすかったです。

駅近隣には夜遅くまで開いているスーパーやコンビニもあり、総合病院などもあったので、あらゆる面で便利でした。

大家さんもとても良い方だったので、お部屋の事でトラブルがあるとすぐ対応してもらえ、環境と共に人の面でも良い物件でした。

借りた時は1階しか空いていなかったので1階を申込んだのですが、上の階の方の足音が凄かったのがちょっとイマイチでした。

自分の生活パターンを思い浮かべながら、お部屋を探すとぴったりな物件に出会える

お部屋を探す段階で、ここだけは譲れないという点を1つだけでも決めてから探されると良いと思います。金銭面で余裕があれば1つと言わず、幾つも決めることは出来ると思うのですが、それもなかなか難しいと思います。

お部屋を決めた後も後悔しない為には、ここが良かったと満足できる点があれば、その後の住み心地も変わってきます。

それと物件だけで決めるのではなく、周りの環境も必ずチェックされると良いと思います。

病気になった時に、近くに病院があるかとか、通学・通勤に毎日通うのに苦痛にならないかなど、日々の生活に不便を感じてしまうと、住む場所にも不満を感じるようになってしまうので、自分の生活パターンを思い浮かべながら、お部屋を探すとぴったりな物件に出会えると思います。
何よりも楽しみながら探す事が大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事