お部屋探し

東京都練馬区で駅前の不動産屋さんを片っ端から回り部屋探し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都練馬区で駅前の不動産屋さんを片っ端から回り部屋探し

東京都練馬区で部屋探しをしました。

業者は地元の不動産屋さんでした。地元のことは地元で聞くのが一番確かという時代でしたので(インターネットも普及していなかったし)名前は忘れましたが、そこでお世話になりました。

卒業の時でかなり焦って探していたので、駅前の不動産屋さんを片っ端から回り、一日に4件くらい物件を見せて貰い、くたくたになった思い出があります。

気に入った部屋に入れたときは一人暮らしの期待もあってうれしかったことを思い出します。

スポンサーリンク

バストイレは一緒、押し入れは付いていて6畳間、床はカーペット敷きのお部屋

できればお風呂とトイレが別々で、収納できる押し入れが一間付いているところを思って探していたのですが、なかなかそうも行かず、結局はバストイレは一緒、押し入れは付いていて6畳間、床はカーペット敷きのお部屋になりました。でも綺麗なお部屋でした。

大きな道路がアパートをでてすぐのところにあり、車の行き交いも多く、明るかったので安全でした。その割には騒音がなかったのも助かりました。

部屋は工夫すればとても広く使えたのでそれもよかったです。それに大きなスーパーが2軒近くにあり、商店街もあったので買い物がとても便利でした。ドラッグストアも駅前にあったので日常生活で困るような事はあまりなかったと思います。

アパートの出入り口はせまい路地に面していたのでちょっと怖いときもあった

大きい道路がすぐだったとはいえ、アパートの出入り口はせまい路地に面していたのでそれがちょっと怖いときもありました。夜遅く帰ってくるときなどは、小走りになって通り過ぎるようにしていました。

区役所がちょっと遠かったので手続きをするときは一度にまとめてしないとまた電車で行かなければならなかったのが少し不便を感じていたと言えばいました。

でも日常の物は近くで間に合うくらい便がよかったし、商店街には女の子が好きになりそうな雑貨やさんができたり、洋服やアクセサリーの古着屋さんがあったりして結構生活を楽しめるところがあったので、それはよかったと思いました。

女性の一人暮らしはある程度お金で安全を買うことも必要

女性の一人暮らしは安全姓を高めるのにこれで良しということはないと思います。セキュリティーがちゃんとしているマンションは勿論のこと、1階には住まない、共用部が明るいなどは必須条件になってくると思います。

一人暮らしだとわからないようにしないとと世の中には変わった人がいるので、常識では理解できない行動をする人がいると常に頭のどこかに置いて生活しておいた方が無難かと思いました。私は玄関に父親の靴を一足借りてずっと置いていたことがありました。

今はシルエットで男性がいるとわかるような置物もあるような事を聞いたことがあります。 いずれにせよ女性の一人暮らしはある程度お金で安全を買うことも必要だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事