結婚式準備の体験談

京都の東山にあるSODOHという結婚式場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

京都市在住33歳主婦です。2008年に結婚して、今は二人の子どもに恵まれ平和に暮らしています。(長女4歳・長男0歳)最初はいまいちだと思っていた京都ですが、住めば都。今は京都に家まで購入してしまいました。

どこの会場で結婚式を開催しましたか?

京都の東山にあるSODOHという結婚式場です。

スポンサーリンク

結婚式場はどのような方法で探しましたか?

リクルートが発行している雑誌「ゼクシィー」をみて、候補を探し、
会場見学に行ってきめました。なんと、最終的に決めたのは夫です。見学当日私は熱が出てしまい、夫一人で見学に。そして、日取りも決めてきてくれました。

結婚式の準備はいつからはじめましたか?

式場を決めたのは、結婚式の一年ほど前です。
結構人気のある式場だったので、空いている日を確認して、遠方からのお客様が来やすい時期、日程を考慮してきめました。
それから、式の4か月前までは、まったく結婚式そのものの準備は行われなかったのですが、夫と二人で貯金に励んでいました。具体的な準備に取り掛かれるのは、4か月くらい前からしかできないことを両親に伝えたのですが、気持ちが先走っている両親は、まだ何も決まっていないのかと何度もせかされてしまいました。

結婚式の準備で楽しかったこと

準備はそれほど楽しくありませんでした。自分たちで作るウエディングが大切なんだと、プランナーさんには言われましたが、数回ある打ち合わせは、正直面倒くさくて、私だけがすすめているような気持になり、精神的に疲れてしまいました。

結婚式の準備で困ったこと

金銭的にとても高い買い物なので、お金の準備が大変でした。遠方に住んでいる母が、母の友人たちの話を聞いて、自分ももっと参加したいという雰囲気だったことに多少困惑してしまいました。

結婚式当日の思い出

辛かった準備期間とうらはらにとても楽しい1日となりました。自分の親しい人々・親戚に喜んでもらいながら、そして京都らしい景色と式場を楽しんでもらえたことがとても接待している気分になれてうれしい一日でした。
普段なかなか会えない親戚と懐かしい話をしたり、遠方の友人がかけつけてくれたり、私たちが選んだ式場とプラン・食事をほめていただけたことにとても満足しました。このたった1日にこれだけの値段がとんでいくんだなと考えると、逆にとても爽快な気分になれたのも当日でした。

これから結婚しようと思っている方へのアドバイス

よほどの特別な事情がない限りは結婚式はあげたほうがいいと思いますよ。もちろん、高い買い物ですし、わずらわしいことが苦手な方は面倒くさいかもしれませんが、両親に対する恩返しになりますよ。

私は、結婚式をした次の年に、父が亡くなりました。父との大切な思い出として、結婚式があります。ちゃんと親に向き合ってお礼を言える素晴らしいチャンスが結婚式だと思います。
簡単な挙式でもいいので、心に残る形にできたら素敵ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事