結婚式準備の体験談

9ヶ月前に予約した「仙台ロイヤルパークホテル」で挙式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

宮城県在住の33歳の専業主婦です。
昨年自宅を新築し、現在夫と二人暮しをしております。

スポンサーリンク

どこの会場で結婚式を開催しましたか?

仙台ロイヤルパークホテルです。

両家の実家が遠方なため、出席者は全員結婚式前日に宿泊する必要がありました。
そのため、宿泊施設があるホテルを希望していました。

また、出席者には美味しい食事をしてもらいたいというのが私たちにとって一番大事なことでした。

普段からランチなどでこのホテルは良く利用していて、お料理は美味しいと思っていましたし、夫の母の薦めもあってこちらのホテルを選びました。

結婚式場はどのような方法で探しましたか?

ゼクシィを購入して読んでいましたが、実際は友人や夫の母からの口コミ情報を優先して、探していました。

結婚式の準備はいつからはじめましたか?

結婚式の9ヶ月前に式場の予約をしました。

結婚式の準備で楽しかったこと

当日に出させる食事について、料理長と相談し、色々と試食をしながら決めたことです。

お酒を飲む出席者が多かったので、特別にお酒に合うおつまみをコース料理にアレンジして入れてもらいました。

私たちのアイディアを多く取り入れてくれた形で、オリジナルのお料理が完成しました。

結婚式の準備で困ったこと

私が結婚式をした仙台ロイヤルパークホテルは仙台市内の結婚式場の中でもかなり格式が高いところでした。

そのため、フラワーアレンジメントの花の種類や紙ナプキンのカラーまで、本当に細かいところまでの打ち合わせがたくさんあり、とにかく仕事が忙しかった私にとって、式場関係者との打ち合わせの時間を確保するのが大変でした。

全く結婚式にはこだわりがなかったので、自分の衣装さえすべてお任せしたいくらいでしたが、そうもいかないという現実。

普通の花嫁さんはこういったことも楽しめるはずなんだなぁと、時間の余裕も気持ちの余裕もない自分に反省しました。

結婚式当日の思い出

当日、式場の控え室に入ると、スタッフの方々に「緊張しますか?」と口々に尋ねられたのですが、私は全く緊張していませんでした。

その後も、全く緊張しない自分自身に対して不信感を持つくらいに、色々な方に「緊張しますか?」と尋ねられましたが、結局、最後まで緊張せず。

涙もなく、普段どおりに淡々と結婚式をこなしてしまい、列席者にはかなり冷静な花嫁だったと思われたかもしれません。

普段から人前に立つ仕事をしていたので、人に見られることには慣れていたということもあったかもしれませんが、平常心を保ちすぎて、全く盛り上がりが欠けてしまったなぁと反省しました。

これから結婚しようと思っている方へのアドバイス

最近、結婚式をしないカップルが増えていますが、私は結婚式はした方が良いと思います。

決して華美な式をする必要はないと思いますが、やはり男性には家族を持つということの責任感をしっかりと持たせる必要があります。

私の夫は、大勢の前で結婚の誓いをすることで、一家の大黒柱として頑張らないといけないという気持ちが一層大きくなったと話していたので、是非結婚式をすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事