引越し体験談

タバコによる壁紙のヤニ汚れは借主が貼り換え費用を負担すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件の場合は、退去時には汚いままで返してはいけません。

借主には原状回復義務があります。
原状回復というのは、「キレイにして返す」ということです。

もちろん、家というのは年数が経過すれば日焼けしたり摩耗したりと自然に傷んでいくものですし、その分を負担する必要はありません。
でも、「誤って壁に穴を開けてしまった」とか、「掃除を怠ったせいで畳にカビが生えた」というように、借主の不注意などによって損害を与えた場合はその修繕費を負担することになっているのです。

では、タバコのヤニ汚れはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

タバコのヤニ汚れとは?

室内でタバコを吸っていると、室内はけっこう汚れます。
特に壁紙は、だんだんと偏食していくのが分かります。引越しのときに家具を移動させると、家具を置いていたところだけ壁紙が真っ白なので驚く人も多いのではないでしょうか。

ヤニ汚れは、こまめに拭き掃除をしていればある程度防げるものなのですが、壁紙全体を拭くのはけっこう大変なことですし、はじめのうちはがんばっていても結局全然掃除をしなくなったりしますよね。

そうすると壁紙にヤニ汚れが定着してしまい、住居用洗剤を使っても全然取れなくなってしまうのです。

ヤニ汚れは借主負担です!

国土交通省の「原状回復ガイドライン」によると、喫煙によるヤニ汚れは、借主負担になる、といったことが書かれています。

わざとヤニをこすりわけたわけでもなく、ただ普通にタバコを吸っているだけでも、借主が負担すべき、ということなのです。
喫煙者の方からするとツライ話かもしれませんが、最近は禁煙の風潮もありますし、以前よりも厳しくなっているのは確かです。

そもそも、きちんと掃除をしていれば防げる汚れなのですから、ヤニ汚れは「壁掃除をサボった借主が負担すべき」ということなのではないでしょうか。

いくら負担すべき?

退去時に壁紙のヤニ汚れが目立つ場合は、壁紙を貼り換えることになります。
しかも、「誤ってインクを飛ばしてしまった」というような場合なら一部の貼り換え費用を負担するだけで済むのに、タバコの場合は全面貼り換えになるので金額も大きくなります。

壁紙の貼り換えにかかる費用

壁紙の貼り換え費用は、1mあたり900~1,500円程度です。(一般的なクロスの幅は90cm)
参考に、一般的な6畳のお部屋の壁紙を張り替える場合は、40~50m必要ですので、全面貼り換えだと安くて3万6千円程度、高ければ7万5千円程度になる、ということになります。

壁紙の単価は業者やメーカーによっても違いますが、もしこれ以上の単価で言われた場合は適正な金額で計算し直してもらう方がいいでしょう。

全額負担する必要はありません

ただし、壁紙は別にタバコを吸わなくても、徐々に傷んでいくものです。
普通に暮らしているだけでも日焼けなどで傷みますし、タバコを吸わない人は請求されないお金なのですから、なにがなんでも全額負担せよ、というのはおかしな話ですね。

実は、前述の原状回復ガイドラインでも、壁紙の費用の負担について言及されています。
それによると、壁紙の価値は、6年経つと1円になる、とのことです。
つまり、6年間住んだ家を退去するときには、たとえタバコのヤニで壁紙が茶色くなっていたとしても、1円払えばいい、というわけです。

6年間で1円になるように計算するので、もともとは10万円必要だった壁紙でも、たとえば3年間住んだ家を退去する場合は5万円だけ負担すればいい、ということになります。

賃貸住宅は1~2年で退去するようなことはまれで、たいていは何年間は住みますよね。
そうすると、基本的には莫大な貼り換え費用は負担する必要がない、ということですので、実はあまり心配する必要はないんですよ。もちろん、事情があって1~2年で引越しするような場合は高額になりますから、その点だけは覚えておくと良いでしょう。

タバコを吸う方は肩身の狭い思いをされているかもしれませんが、壁紙の貼り換え費用はさほど高額にはならないので、安心してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事