婚活の体験談

結婚してから後悔しがちな「婚活でのこだわり」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活中のみなさんは、結婚相手に望む条件をいろいろとお持ちだと思います。

でも、いざ結婚してみると「ここにこだわったのは失敗だったな~」と思うことがあるものです。

では、具体的にどのようなことに後悔してしまうのか、内容を見て行きましょう!

年収が高いこと

女性は特に、結婚相手の条件として一定以上の年収を望むのが普通です。

でも、年収が高くても結婚後に後悔することがあるんです。

スポンサーリンク

年収が高くても「ケチ」

お金持ちの男性の中には、けっこう「ケチ」な人も多いものです。もちろんこれはケチなのではなく、無駄遣いをしない、ということです。
でも、「これぐらいの年収の人と結婚したら楽できるだろうな」という目論見があった場合は、見事に目論見が外れることになります。

また、年収が高くても、家計を預けてくれず、生活費として一定額をもらうだけ、ということもありますので、年収だけを見て判断しない、ということが大切です。

夫が多忙ですれ違い生活

年収が高いということは、それだけの金額を稼げるほどの仕事をしている、ということです。せっかく結婚したのに一緒にいられる時間が少ない、ということも珍しくありません。
「その方がいい♪」と思える女性もいると思いますが、新婚早々一人ボッチというのはけっこう寂しいものみたいですよ。

金遣いが荒い……

ケチな男性がいる一方で、あればあるだけお金を使ってしまうタイプの人もいます。
1000万円稼いでいても1000万円丸々使い切る人もいますし、中には1200万円使って赤字になる(=借金をする)人もいるので要注意です。

見た目がいいこと

やはり、結婚する以上は相手の見た目にもこだわりたいところ。こちらはどちらかと言うと、男性が重視しがちな項目です。

でも、見た目がいいことが、かえって問題になることもあるんです……。

お金がかかる

女性の場合なら、エステや洋服代など、美容やファッションにお金がかかります。
素敵な見た目を維持するためにはそれならりの維持費がかかりますので、そのあたりを把握しておかなくてはなりません。

男性の場合でも、ファッションにお金をかけたりこまめに美容院に行ったり、中にはエステに通う男性だっています。

ナルシストで引く

見た目が良い人の中には、ナルシストの人もいます。
女性であれば、「このわたしが、あんたなんかと結婚してあげたんだから」なんて上から目線になってしまうことも。

男性でも、ナルシスト発言を繰り返してはじめは苦笑いで済んでいたことも、徐々に「生理的に受け付けない」レベルにまで到達することがあります。

心が休まらない

心配性、やきもち焼きの人の場合は、見た目の良いパートナーを選ぶと大変です。
少しでも帰りが遅いと浮気を疑ってしまったり、異性の友達からのメールでも「なにかあるんじゃないか?」なんて疑ってしまうことも。
そうなると心が休まらないので、何のために結婚したのか分からなくなってしまいますね。

カッコいい車に乗っている、流行に詳しい

ただ付き合うだけなら、カッコいい車で迎えに来てくれる彼氏は自慢できるものです。
でも、結婚するとそのカッコいい車はただの「金食い虫」に見えてくるかもしれません。
車が趣味の人は基本的にお金がかかるということを理解しておきましょう。

また、流行のレストランに詳しいなど、流行に敏感な人もお金がかかるものです。
男女ともに、流行に敏感な人はファッションにも飲食代にもお金がかかりますし、注意が必要ですね。

「恋愛」と「結婚」は違うってこういうこと!

恋愛なら、そのとき楽しければそれでいいです。
でも結婚となると、そうはいきません。
今後何十年も一緒に生活していくのですから、自分の性格に合うかどうか、安らげるかどうか、家計のやりくりが健全にできるか、といったことが大切になってきます。

婚活で今重視していることが、本当に大切なことなのか、ぜひ考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事