恋愛の体験談

「3低」の一つ「低依存」!低依存な男性かどうかはどうやって見極める?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性に求める結婚する上での条件は、最近は「3低」と言われています。

低姿勢、つまり威張らない。
低依存、つまり自立している。
そして、低リスク、つまり安定した職業についている。

この中で、今回は「低依存」がどういうものなのかについて、紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

低依存とは?

低依存がどういうことかと言うと、家事や自分の身の周りのことを、妻に頼らない、ということです。

考えただけでも「結婚してください!」って言いたくなりますよね。

このような条件を挙げる人が多い背景には、「高依存」の男性が多い、ということが考えられます。

家事を妻に丸投げする男性

家事は女性の仕事と言わんばかりに、家事をしない男性は多いです。
家事をしないどころか、家事のアラを見つけては文句を言うような男性も。

家事は、当然女性の仕事だと決まっているわけではありません。
「絶対に分担すべき!」というわけでもありませんが、夫婦それぞれの働き方や生活スタイルに合わせて自分たちで考えていく必要があることです。

専業主婦の場合は、たしかに家事は妻が全面的にやる方がいいと思います。
妻が家事をしっかりこなすことで、夫が家で癒されて、仕事をますますがんばれると思えばがんばれますよね。

問題は、共働きの場合です。
現代では、共働き世帯が過半数を超えています。
つまり、パートにせよフルタイムにせよ、仕事をしている女性は多いのです。
パート主婦の場合は妻が多めに家事をやるのが合理的ですが、かと言って丸投げされてしまうのはやりきれません。

ましてや、フルタイムで働いている女性に家事を丸投げするというのはあってはならないことですよね。
でも現実には、家事をしてくれない男性はたくさんいます。
そうならないように、結婚前か、遅くとも新婚のうちにしっかりと二人で話し合っておく必要があるでしょう。

自分のことができない男性に注意!

家事は、まだ「わたしがやった方が早いから」と女性がやる家庭も多いものです。でも、自分自身の身の回りのことは自分でやってほしいものですよね。

服を脱ぎっぱなし、小銭を置きっぱなし。
よくある光景なんですが、これをどうして妻が片づけなければならないのでしょうか?
多少なら怒りながらも片づけてあげようという気にもなりますが、度を超える男性は避けたいですね。

たとえば、各種手続きに関しても全面的に妻に任せている男性もいます。仕事が忙しくて時間がない、というのならまだしも、そういうわけでもないのに、自分で電話をかけたり出かけたりするのがイヤだ、という理由だけで妻に丸投げする男性もいます。

そういう男性と結婚してしまうと、妻の仕事負担が重くなりすぎてしまいます。

低依存男性を見極めるには?

結婚してから、夫の高依存が分かるととてもショックです。結婚前に見極めるには、どうすれば良いのでしょうか?

放ったらかしのモノはどれぐらいあるか?

彼が一人暮らしをしているからと言って、安心してはいけません。
普通、一人暮らしをしていれば一通りの家事はできるようになるはずなのですが、中にはまともにできない男性もいます。

彼の家に遊びに行ったときに、放ったらかしのモノはどれぐらいあるでしょうか?
コギレイに片付いていれば、最低限の家事はできるだろうということは判断できます。たとえ料理ができなくても、洗濯や掃除に関してはできる、ということが分かるからです。

散らかっている場合、ただ片づけが苦手な人であれば、結婚後は一緒に片づければ良いので許容できる女性は多いと思いますが、問題は、放置しているとマズイものが放置されている場合です。

たとえば、自動車税の支払など。
期限が切れた振込用紙が放置されているとか、もしくは督促状が届いている、というような場合は注意が必要です。結婚したら、すべてあなたが面倒をみてあげなくてはなりません。

また、職場のユニフォームなど備品が転がっている場合。
会社の備品や借りたものが放置されている場合は、「誰かがなんとかしてくれる」と考えている男性だと判断することができますから、注意が必要です。

「マザコン」は高依存の典型です!

マザコンの男性が好き!という女性は少ないのですが、それでもマザコン男性と結婚してしまう女性はいます。
マザコンと知らずに結婚してしまうケースもありますが、それよりも、結婚前には「お母さんを大切にしてる彼って素敵♪」と、恋は盲目モードになってしまい現実が見えていないことも多々あります。

たしかに、自分の親を大切にしている人は素敵ですが、親に依存しているのは素敵ではありませんね。
親への依存がひどい人は、結婚するとそのまま親へ依存し続けるか、もしくは依存の対象が配偶者に移るだけ。本人がしっかり自立してくれる可能性は極めて低いです。

マザコンかどうかを見極めるためには、普段のなにげない会話を聞いていればわかるものです。
親の話題が出てくるときに、「○○しもらった」という内容が多ければ高依存で間違いありません。

また、前述の「放置してはいけないものを放置」している人で、それでも問題なく生活できている人というのは、親に頼っている可能性が高いです。
「誰かがなんとかしてくれる」という思い込みがあるので、自立してもらうのは難しいでしょう。

このように、高依存の男性はじっくり見極めれば分かるものなので、ぜひ試してみてくさいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事