結婚式準備の体験談

結婚式の準備があるのにスマホのゲームばかり……やめさせる方法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の準備って、けっこう大変ですよね。
はじめは「全然イケるんじゃない?」と思っていても、結婚式の日が近づくごとにバタバタしてきます。

そんな中、彼に対して不満を持ってしまう女性もいます。
その理由の一つが、「スマホのゲームばかりしていて全然準備に協力してくれない!!」というものです。

結婚式の準備は二人でやるものですが、なぜか女性ばかりが忙しくなりがちです。

仕事が忙しいとかならともかく、ゲームのせいで協力してくれないとなると、とても納得はできませんよね。
では、どうすれば彼がゲームをやめてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク

スマホのゲームにハマる理由

スマホのゲームって、本当にハマりやすいです。
女性でも、けっこうハマってる人がいますよね。

ゲームにハマってしまうと、本当にひまさえあればゲームをしてしまいます。たった1分でも時間がれば始めてしまうんですよね。

ここまでゲームにハマってしまう理由の一つは、プレステやWiiなどのゲーム機と違って、いつでもどこでもできる、という点です。スマホは電話やメールをする際にも絶対に必要なものですからDSなどのゲーム機と違って持ち歩いていても恥ずかしいことがありませんし、いつでもできるとなると、少しでも時間があればゲームをしたくなるのです。

そして何よりも、ゲームは面白いんです。
オンラインゲームは特に面白いので、やり始めるとなかなか辞めることはできません。
これはお酒やタバコなんかと同じで、「良くないことは理解しているけれどやめられない」という状態です。

ゲームをすること自体は悪いことではない

ゲームをすることが問題なのではありません。
問題は、他のところにあります。

彼がゲームばかりしているとそのゲームが憎たらしく思えてきますが、実際にはそのゲームをすることによる他の影響に対して怒らなくてはならないのです。

やるべきことをやらない

まず、結婚式の準備など、やるべきことをやらないというのはダメです。
逆に、やるべきことをきちんとやっていて、空いた時間をゲームに充てるのは怒らなくて良いことなんです。

話を聞かない

ゲームの最中に話しかけても、全然話を聞いていないことがあります。それでも返事はするので、こちらも伝わってると思ってしまうんですよね。
でも実際にはまったく聞いてないので、あとになって「そんなこと聞いてない!」なんて逆切れされることもあります。

マナーが悪い

歩行中にもゲームをする、食事中にもゲームをする、というのはマナーが悪いですね。特に歩きながらスマホを触っていると事故に遭う可能性もあり危険です。自分がケガするならまだしも、相手にケガをさせたら最悪です。

課金しすぎる

スマホのゲームは、課金できるものが多いです。
ゲームをより有利に、楽しく進めるためには、有料のアイテムを買って装備を強くしたりする必要があるようです。

課金すること自体も別に悪くないのですが、課金しすぎてお金がなくなるのは避けなければなりません。

改善策を考えよう

このように、ゲームをすること自体は悪いことではないので、すぐに「ゲームをやめさせる」ということを考えるのはやめましょう。

そうではなくて、上記に挙げたような問題を解決しなければなりません。

用事を済ませてからゲームをする

やるべきことをやってもらうには、やるべきことをやってから、ゲームをする、というルールを決めることが必要です。
そうやってルールを決めておけば、もしまた何もせずにゲームをしていたとしても、指摘しやすくなります。

話を聞くときはゲームをいったんやめる

ゲームをやりながら話をすることをやめてもらいましょう。
こちらから話しかけたときには、いったんゲームを止めて、視線をこちらへ向けてもらうようにします。

またこちらとしても、後で良いようなことならそのときに話しかけるのを控える、というのもおすすめです。そうすれば必要以上にイライラする必要がありません。

食事中&歩行中は禁止

これらの行為は言うまでもなくマナーが悪いことですので、きちんと指摘しましょう。将来子供ができたら、子供の前でやられてしまい、教育にも悪いです。
さすがに、それでもゲームをすると言う場合は結婚すること自体を考え直した方がいいかもしれません……。

課金の上限を決めよう

課金自体は別に良いのですが、課金しすぎて生活費を圧迫する、というのは最悪です。
まずは、課金の上限を決めてもらうようにしましょう。このとき、あなたが「1か月○円までね!」と決めるのではなく、本人に決めてもらうことで責任を持ってもらいやすくなります。

ただ、それでも課金金額が超えてしまうような場合は、やり方を変えましょう。
まず、携帯料金は別請求にして、彼自身の口座から引落にします。そして、家計はあなたが一人で預かり、課金した金額分は自分の小遣いから支払ってもらえるようにします。

そうすれば、課金しすぎても彼が困るだけです。
もし、それでも「お金貸して」とか言ってくるようなら、結婚をやめた方が良いかもしれません。

真剣に「改善してほしい」と訴えよう

ゲームをやめてほしいと思ったら、チクチク嫌味を言ってしまいがちですが、それは避けた方が良いです。

ゲームばかりして問題が起きているなら、真剣に彼と話し合うようにしてください。
真剣に、何が嫌なのか、何を改善してほしいのか、ということを伝えます。
これから結婚しようとしているのですから、今後も何かと二人で話し合わなくてはならないことが出てきます。

ここでうやむやにしないで、きちんと話し合って今の状況を改善してもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事