結婚生活

「浮気で離婚」は避けたい!浮気されないようにするための対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚すると、二人は晴れて「夫婦」となります。

でも、夫婦になったからと言って一生安泰、というわけではありませんよね。

結婚生活を幸せに続けていくには努力も必要です。
そこで今回は、「浮気されないようにするための対策」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コミュニケーションを大事にしよう

結婚式を控えた二人なら、たいていはコミュニケーションに問題はないと思います。
でも結婚後は変わります。

今までのようなこめまなメールがなくなることもあります。
今までなら疲れていてもデートしてくれたのに、結婚するとそれがなくなったりします。

でも、自分が疲れてるから、面倒くさいからという理由でコミュニケーションを減らしてしまうと、浮気される確率が高くなってしまいます。
また、「夫婦なんだから」という安心感によってコミュニケーションが不足してしまうこともあるので、意識して十分なコミュニケーションをとるようにしましょう。

楽しく家事をこなす

共働きの場合は基本的には分担すべきですが、それでも女性の方が家にいる時間が長い場合は家事の割合も高くなります。また、専業主婦の場合は基本的には全面的に家事をこなさなくてはなりません。

でも、もし家事を手抜きしたら、浮気されやすくなります。
帰っても食事が用意されていない、食事の手抜きが多い、家が汚いなど、帰ってきても癒されない家だと、家に帰るのが嫌になるものです。
逆に、いつもキレイな家で、おいしい食事が用意されていれば、帰るのが楽しみになりますね。

ただ、ここで注意したいのは、「自分が楽しんで家事をする」ということです。
イヤイヤ家事をしていると、それはそれで帰る楽しみがなくなります。
「なんでわたしばっかり」とか思いながら家事をしているとどうしてもギスギスした雰囲気になりますから、そうではなく、楽しく家事をこなすようにしましょう。

もし、家事の分担に不満があるなら、嫌味を言ったり不機嫌な顔で家事をするのではなく、きちんと話し合って分担の割合を修正していきましょうね。

特に子どもが生まれるとここに育児も加わりますから、どうしても楽しく家事をこなす、というのが難しくなるときもあります。意識的に家事を楽しもうとすることでその影響を抑えられますから、ぜひ意識してみてくださいね。

詮索・束縛しすぎない

浮気されたくないからと言って配偶者の行動を詳細に詮索したり、キツく束縛するのは逆効果です。
もちろん、携帯を盗み見るのもNGです。

そういった行動は、配偶者を「疑う」行動です。
人は疑われると相手への愛情が冷めるものですし、そうなれば浮気されてしまう可能性は高くなります。

ちゃんと信頼していれば、浮気される可能性が低くなりますよ。

精神的に自立する

精神的に相手に依存していると、配偶者も疲れてしまいます。人は疲れると癒しを求めるものですよね。

理想は、仕事などで溜まった疲れを、配偶者に癒してもらうことです。
それなのに、自分が配偶者を疲れさせてしまっては、配偶者は家の中に癒しを求めず、外に求めるようになってしまいます。

精神的に自立するというのは、自分のペースを保つ、ということでもあります。
結婚しても、一人で出かけたり、友だちと出掛けたりと自分のペースで行動するということが大切です。
もし、結婚後に配偶者に全面的に依存していつでも一緒、というような状態になると、配偶者も安心しきってしまい、浮気に走ることがあります。

自分を磨く

結婚してから外見に気を使わなくなった、という女性はとても多いです。
いつでもバッチリ!という状態だと夫も気が休まりませんからリラックスした姿を見せることは大切ですが、だからと言って大幅に体型が変わってしまったり、寝癖全開だったり一日中パジャマやジャージで過ごしている、というのはアウトです。

もちろん見た目だけでなく、資格の勉強をしたりして教養を深めるというのもおすすめです。
魅力的な人間であり続ける努力をしていれば、配偶者が離れていくことはありません。

ただし、自分磨きに熱中しすぎて配偶者のことをないがしろにしてはいけませんよ。

浮気したら離婚する、と告げる

結婚前か、結婚して間もないあいだに、「万が一浮気したら離婚する」というようなことを伝えるのも効果的です。

中には、「浮気しても許してくれそう」と思われるような雰囲気を持っている人もいます。すると格段に浮気されやすくなるようです。
「浮気は絶対できないな」と思ってもらえれば、浮気される可能性はかなり低くなるでしょう。

ただし、何度もしつこく言うのは厳禁です。
ことあるごとに「浮気しないでよ~?」なんて言っていると、相手は自分が疑われていると感じますので、逆効果になります。

浮気心というのは、多くの人が持っているものです。
誰でも、配偶者以外の人を見たときに「あの人カッコイイな」とか思うことはありますよね。
でも、実際に浮気するのはいけないことです。
浮気を行動にうつすかどうかは完全に本人の意志の問題です。

ただ、配偶者を浮気に走らせてしまう場合はこちらにも何かしらのきっかけや原因があることも多いので、ぜひ浮気されないように対策しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事