住宅ローンの体験談

三井住友信託銀行で住宅ローンを組んだ審査や金利の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール

千葉県在住・51才・専業主婦・家族構成は夫(52歳 エンジニア)長男(25歳 編集者)次女(20歳 大学生)です。

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?
三井住友信託銀行です。

スポンサーリンク

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由

以前は、別の銀行で固定金利2.45% 25年の住宅ローンを組んでいました。
金利自由化で、どの銀行の住宅ローン金利も低くなってきたので、借換えをした方がいいのかなと思い、インターネットで調べ始めました。その時、一番金利が低かったのが、三井住友信託銀行でした。
正直、信託銀行というのを使ったことがなかったので、普通の銀行と、どうちがうのか分かりませんでした。インターネットで調べていくうちに、一流銀行であること、古くからあり信用もあることなどから、安心してお任せできる銀行と確信して住宅ローンを申し込みました。

★審査や手続きの詳細について教えてください

まず仮審査に必要な書類を集めます。住民票・源泉徴収票・印鑑証明書や、借り入れる物件の売買契約書・重要事項説明書や物件の資料などを提出します。うちの場合は、借換えだったので不動産登記簿謄本も提出しました。借り入れを申し込む時点で借りていた住宅ローンの契約内容が分かるもの、返済表なども提出しました。勤続証明のようなものは、必要ありませんでした。
提出書類に不備がなかったので、審査は何事もなく通りました。
ローン審査には直接関係ないかもしれませんが、提出書類などにあまり不備が多いと不信がられるような気がしますし、ローンの実行が遅れることで、不具合が生じる可能性もないとは言えません。
申込書類に不備がないことは、基本的な事ですが、とても大事なことだと思います。

★ローンの金額や返済期間について

ローンの金額は、1670万円です。金利は固定金利で、年1.45% 返済期間14年です。

★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと

どの銀行の住宅ローン金利も、以前よりもだいぶ低くなっていたので、いつも気になっていました。
残高が1000万円以上、金利が1%違っていたら、借換えに適した条件だと言われていたので、ちょうどその条件の範囲で借換えができて、良かったと思っています。
夫の定年の年齢までには、払い終えたいと思っていました。
以前の住宅ローンは75歳まで支払う契約だったのですが、こまめに繰り上げ返済をすればいいと思っていても、75歳というのは現実的ではないという気持ちがありました。
借換えをする前に、少しまとまった額を繰り上げ返済しました。
そうすることで、借入金額が減り、夫の定年までに返済が終了する契約ができたので、多少ですが心にゆとりを持てるようになりました。
毎月の返済額は、以前とほとんど同じですので、生活状況には変化はありません。
それも嬉しいことでした。
新しく取引した銀行なのですが、給与振り込みが条件というようなことはなく、住宅ローンだけでお世話になっています。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと

ツライと思うことは、やっぱり返済額の多さです。
子どもが3人いて、全員が私立大学に行ったので、教育費は莫大なものになりました。全額援助はできないので、奨学金を借りていますが、それでも足りない分は負担しなければなりません。
子どもに一番お金がかかる時期の支払いは、大変です。
社会状況がどうなるかわからないので、ボーナス払いにはしていません。
その分毎月の返済額は多めなので、この額をずっと払っていかなくてはならないかと思うと、気が遠くなるような時もあります。
マンションなので、管理費と合わせると結構な金額になります。
雇用状況もどうなるか分からない、先行きが不透明な時代なので、ボーナス払いがないことは、気持ち的にはとても楽です。ボーナスは固定資産税に回すことができます。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス

銀行には、何回か足を運ぶことになるので、仕事を持っている人は仕事の調節が必要です。
実際に銀行に行って、返済シミュレーションをしてもらうと安心です。
インターネットなどで大まかなものは分かりますが、実際に計算してもらってアドバイスを受けることは大事なことだと思います。

頭金を多くして、借入金額を少しでも減らすことや、定年までに払い終えるような計画を立てること。
マンションだと、管理費もありますので、その金額も考慮すること。
家を購入すると、住宅ローンのほかに固定資産税も払わなければなりません。
今までなかったものなので、これが結構負担になりますのでそれも考慮すること。
ボーナス払いを使わない支払方法を考えてもいいと思います。
その分毎月の支払いは大変ですが、気持ち的には楽ですが、無理は禁物です。
ひとりひとりライフスタイルに対する考え方も違うので、自分に合った返済方法で、生活とのバランスをとることが大事だと思います。
必要書類は、不備がないように何度も確認することで、契約もスムーズに運びますので、これは大事な事です。
住宅ローンは長い期間払い続けるものなので、あまり重く考えず、ほとんどの人はちゃんと払い終えるのだから、自分も大丈夫だという気持ちでいていいと思います。

住宅ローンは、ほとんどの人は一生をかけて支払うものだと思います。
大変ですが、自分の家をもつということは、また格別なものがあります。
大げさかもしれませんが、家は人生の集大成のような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事