住宅ローンの体験談

みずほ銀行系の第一勧業の個人向け住宅ローンの体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール
東京都在住の男性単身者です。業種柄、都内での仕事が多いです。
賃貸を転々としていて馬鹿らしくなって住宅ローンを組もうと考え、購入に踏み切りました。

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?
みずほ銀行系の第一勧業で個人向けの住宅ローンを組んでいます。

スポンサーリンク

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由
最初は仲介業者からの紹介ですが、
実際は早期に審査が通ったことと、
検討している範囲内の金利だったことです。
また、丁寧な対応も決定する過程では大きかったと後々に感じました。

★審査や手続きの詳細について教えてください
書類審査から始まって、追加の提出書類が何度かありました。
審査自体は書類のみで終了し、対面後は手続きのみでした。
金融機関に出向いて諸々の説明を受けながら言われる部分に署名と捺印を何度も行ったのを覚えています。
そのときの世間話も審査対象なのではないかと緊張したのを覚えています。
実際にはすぐに住宅ローン金額が口座に振り込まれて、そのまま物件会社に送金されました。
その翌月から住宅ローンの支払いが始まりました。

★ローンの金額や返済期間について
内訳は2000万円の35年ローンです。
審査の段階で最長の35年しか選ぶ余地はありませんでした。
もしも選べたとしても返済期間を短くするのは多少リスクがあるように思えました。

★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと
賃貸だと他人の物件に払っているという感覚だったのですが、
自分の物件への返済と考えることで、いずれは資産になると思いながら前向きに支払っていけるところです。
また繰り上げ返済などで負担を減らせたりと、思っていたよりも柔軟に住宅ローンと付き合っていけそうだと思えたことです。
また、自分のような境遇で住宅ローンを組む場合には、
将来的に賃貸として貸し出せるかどうか?というのも大きな判断基準になってくると思います。
貸せる物件を選んだことでリスク軽減、不動産収入といった選択肢が増えたのも大きなメリットでした。
また、金利を考えて様々な意見を聞いたり調べたりしましたが、
最終的には、自分の価値観や今後の経済状況予測を信じて自分の思った通りの金利設定に決めました。
万が一後悔をしても自分で決めたことですが、他人の意見を信じて失敗だけはしたくないと思いました。
急な家賃高騰で困るよりも、自分で納得して決めた支払いを行っていけるのも健全な気持ちになれました。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと
やはり賃貸のように簡単には転々とできないことが一番です。
飽きたから引っ越す。あっちに住みたいといった小回りは一切考えられなくなりました。
長年のローンは賃貸と比較しても最終支出はそんなに変わらないと聞きましたが、
住宅ローンだと気持ちにいい意味でも悪い意味でも重みが生まれます。
また、一定額の支払いはそのままでも、自分の収入の変化はあるので不安要素になります。
実際に自営業という立場上、将来の自分の収入予測は立てにくく、急に何が起きるか不安は常に持つようになりました。
税金面でも固定資産税など、賃貸生活では考えなくてもいいような出費も多少増えますので、
知識不足の頃はツライと思う時も多くありました。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス
やはり、他人の物件を借りて住宅ローンよりも高い家賃を払い続けるのは無駄だと思いますし、
自分は結果的に住宅ローンを組んでとても満足しています。
住宅ローンは大きな買い物なので、よく考えて将来設計を考えて検討するべきものです。
住宅ローンを組むときに考えていた計画が、そのままにいけるとも限りません。
かと言って、いずれ購入は決めている状況でダラダラ賃貸生活を送るのも無駄に感じます。
結局は自分の計画に納得できた時点で購入はするべきだと思います。
住宅ローンの金利など長期固定や変動など色々ありますが、
これから金利が上昇すると思うなら固定金利だと思いますし、
現状金利が長く続くと考える場合や金利下降を考えるなら変動金利が合っていると思います。
これもやはり、自分の価値観を信じて決定するしかありません。
他人に薦められるまま住宅ローンを組んでしまっては、もしもの時に後悔しか残らないと思います。
その他に、総返済額からどちらが得かを導き出す場合もありましたが、
繰り上げ返済や借り換えを視野に入れて検討している場合には、計算が複雑なのもあり、
大きな違いはないように思えた記憶もあります。
それでもよくわからないという方には、金利が予想以上に上昇しても困らないプランを選択するべきだと思います。
誰も未来のことはわかりませんので、借りるタイミングで絶対にこれの方が得だと決まっている商品はないです。
色々とありましたが、難しい書面や審査書類の作成、役所での必要書類の用意など、
購入するまではとても面倒で手間のかかる住宅ローンですが、
買ってしまえば「よし頑張ろう」と自分の励みにもなったりもします。
一長一短とまとめてしまえば、それまでですが、
私自身は購入してとても満足していますし、購入を検討している人には進んでおすすめしていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事