住宅ローンの体験談

JA農協で住宅ローンを組んだ埼玉県民の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール
男性 41歳 会社員 埼玉県在住 

家を購入しようかと思い始めたのはマンションに入居した7年後くらいです。
どうせ家賃を払うのなら、と思ったのが住宅購入のきっかけです。
そろそろ頭金が貯まった頃に、計画を始めていきました。

スポンサーリンク

家の外観の希望などは輸入住宅にこだわりました。広い敷地でのガーデニングなども、住宅購入時にはしたかった一つです。
住宅に関する情報などは、雑誌などで調べ、実際に展示場なども詳しく見てまわりました。
特に水回りの設備などは詳しく調べ、何回も検討しなおしました。
実際の建材などを見てみると、思っていたのとは違うこともあります。

さらに住宅展示場などでそのハウスメーカーにいくつかプランを練っていただいたり、ローンのプランニングなども聞いたことで、実際の住宅購入までのイメージがだいぶ掴みとれたと思います。
また、最終的には希望地域に土地の紹介をしてもらいましたが、土地を所有している方なら、もう少し候補が広がる可能性もあるので、その変がやはり最終的にはネックになりました。

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?

JA農協での住宅ローンを組みました。
近くにありましたので、とても便利です。

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由

我が家の地域が特殊だったため、一般の都市銀行では受付が行われておらず、最終的にJA農協と別のもう一社しかローンを組めない状況でした。そのためにこの銀行を選んでいます。同じ地域の人は、ほぼこちらの銀行を利用しています。

★審査や手続きの詳細について教えてください

信用情報を調べての審査になりました。時間は特殊な地域に土地を購入したこともあり、1カ月と長めの時間を要しました。ですが、個人的に所得や過去の返済でのトラブル等もなかったため、スムーズに進行したと思います。

★ローンの金額や返済期間について

ローンの返済期間は35年です。最長年数ではありますが、できるだけ早めに繰越返済をしようと思っています。

★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと

やはり、お金はいざという時に必要でもあるので、いくらかは現金の貯蓄をしていなければなりません。
そういう面まで考えると、ほとんどの方が住宅ローンを組んでいることでしょう。
住宅ローンがあるからこそ自分の家などを所有することができるのだと思います。
そういった意味では、なくてはならないものが住宅ローンなのではないでしょうか。

自己資金などは少なくても済むのが住宅ローンですし、一般的には全額を現金で支払うほうがレアなケースなのではないかと思います。ですから、頭金などをしっかり貯めておくことが重要です。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと

やはり、毎月のことなので負担がないと言えばそうでもありません。
ただ、賃貸に住んでいる人こそ金銭的な能力がないといけないのではないかと思います。
どちらも維持費はかかりますが、最終的には土地・物件を所有することになり、老後への安心感には繋がると思います。

そういう意味でも、若いうちから住宅ローンを組んでおき、老後に備えることは大事なことだと思います。
さらに、貯蓄なども並行していかないとやはり将来の不安もあるので、最初のローンの設計だけは無理のないものにしておく必要があると思いました。

最近は景気などが不安定なこともあり、できるだけ頭金を揃えてからの購入をしたほうが良かったことは言うまでもありません。そのような状況に備え、今は収入を上げるために努力をしています。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス

組み始めると大変な住宅ローンではありますが、会社員やサラリーマンなどの普通の生活をする人にとってはよく利用するものだと思います。少しでも賃貸住宅に金銭を支払うのなら、実際に自己所有物になる不動産を住宅ローンで手に入れることは、実際には様々な意味で節約になるとは思います。

そのためには今まで生活していた生活レベルより控えなければならないことも出てきますが、だからこそ老後までの設計に備えた投資のひとつでもあるのではないかと思います。

若い頃から節約するに早すぎることはないと思うので、しっかりと先を考えて住宅を購入することが大事だと思います。
さらに、住宅を購入する場合は付帯工事など別途必要な費用も発生しますので、そういう別の費用も見据えたうえでハウスメーカーなどと話をすることが大事になります。

設備はインターネットの活用で、自分で支給することもできるので、あらかじめ必要であればハウスメーカーに聞いておけば、ローンで借り入れる額も少なくて済みます。

大抵のハウスメーカーは本体価格のみの提示で、全体にかかる費用の提示がないこともあるので、その変はよく確認することが大事になってきます。

さらに、審査などで苦労しないためにも、借入などのクレジットやキャッシングカードの返済などは、完璧にすることも大事になってきます。ちゃんと返済さえすれば、審査の時もそれが評価に繋がることもあるので、少し利用して信用を上げておくという考え方も一つにはあります。

さらに、後付けでつける電化製品や、家具、カーテンなどを入れる費用等も考えておかないと、入居したばかりでそこから様々な生活用品を購入するのは大変なことなので、入居後にかかる金額なども予算の中に含めておいたほうが良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事