住宅ローンの体験談

九州ろうきんで住宅ローンを組んだ体験談【返済利率優遇】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール
 30代男性 家族構成は夫婦2人 九州地方在住

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?
 九州ろうきん

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由
 会社が組合だったこともあり色々な返済利率の優遇もあったため九州ろうきんにて住宅ローンを組むことにしました

スポンサーリンク

★審査や手続きの詳細について教えてください
 まずは九州ろうきんのローンセンターという所に行きました。
 私が利用した支店ではローンを組む専用のフロアーがありそこへまずはどのような
 ローンのサービスがあるかどうか調べることにしました。
 まず九州ろうきんの担当の方とお話をして住宅ローンについてのお話を聞きました。
 今の金利状態や保証、これからかかるであろう手続き料金等詳しくお話しさせて頂きました。
 私はもうすでにこの九州ろうきんで借りるということを決めていたので
 事前に予約する際に仮審査を受ける際に必要な書類を聞いていました。
 源泉徴収票と印鑑、本人確認書類です。
 窓口でその他必要書類に記載をして仮審査を申込みました。
 だいたい一週間くらいで審査結果が連絡されました。
 その後、施工会社と建物請負工事契約を交わして
 いよいよ本審査でした。
 本審査には仮審査の時とは比べものにならないほどの必要書類があります。 
 印鑑証明書、住民票、公的所得証明書、土地公図、土地登記簿謄本、土地測量図、運転免許証
 健康保険証、建物確認通知書、重要事項説明書、売買契約書、実印・通帳届印、平面図、工事請負契約書、建物見積書
 上記全ての書類を用意して本審査に望みました。
 窓口にて必要書類に印鑑と記載を行い本審査受付完了
 その後、2週間ほどで本審査の結果が連絡されました。
 連絡自体はかなりあっけなく電話一本で終了します。
 その後、私はつなぎローンを受けるために審査をしました。
 本審査を通過していてもつなぎローンでも審査されるとここで初めてしりました。
 本審査を通過してつなぎローンで審査が通らない人はほとんどいないとは思いますが。
 ここでまたたくさんの書類に記載して実印押印して審査に望みました。
 この時に施工会社への振込み先を登録してつなぎ審査に通過したらそのまま施工会社へ
 お金が振り込まれるようにしときます。
 1週間ほどで無事審査が通り施工会社へ振り込み完了しました。
 この連絡は特になく通帳にて無事振込みがされたことを私は確認しました。
 このように実際にお金が融資されるまでには様々な書類に時間が必要です。
 自分で法務局や市役所へ足を運ぶこともしなくてはならず
 いろいろと手続きが面倒ではりますが、一生に一度の家づくりのためには必要不可欠です。
 
★ローンの金額や返済期間について
 私はローンを組む際に重視したことは月々の返済額が少なくなるようなところでした。
 候補の中でろうきんが一番低かったのでろうきんから融資してもらうようにしましたが
 実際のローン返済額は約7万です。
 頭金は殆どいれずにほぼフルローンです。
 今では金利もすごく低いので私のように頭金をいれずにフルローンでローンを組む人がとても多いように思います。
 返済期間は35年です。
 もちろん月々の返済額が少ないので繰り上げ返済するつもりです。
 単純に35年後には65歳以上になっていますので。
 
★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと
 やはり住宅ローンを組んでよかったと思う事は
 借金してでも自分の家が持てるという事ではないでしょうか。
 実際に生活をしてみて実家やアパートにいたころと比べて家にいる時間が長くなりましたし
 あまりお金もないことから節約していかに楽しめるかを考えるようになりました。
 なにより自分の所有物になったこの家にいる幸せを実感できることにあると思います。
 毎月の支払はありますがアパートに住んでいたころとあまり変わらない支払額にしたのも大きかったと思います。
 身の丈にあった家をきちんと調べてローンを組みました。
 家族が幸せになれたことがやっぱり一番ローンを組んでよかったと思えることだと私は思っています。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと
 毎月の支払があるのでやっぱり贅沢はできなくなったということでしょう。
 それをツライとまでは感じません。
 やっぱりそのツラさを上回ってよかったと思える方が大きいのです。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス
 私は消費税の関係もありフルローンで住宅ローンを組みました。
 これも一つの手ではありましたが、やはり頭金は一万でも多く用意したほうが
 よかったなと痛感しました。
 数十万の差であきらめたこともあります。
 やっぱりそれは自分の収入に見合った家にするために必要なことです。
 なにもかも妥協しないで家を建てようとするには膨大なお金がかかることが
 調べていくうちにわかってきました。
 若いうちからやっぱり貯金って大事なんだなぁ~って改めて私は感じました。
 頭金があればやっぱりローンも少ない額でいいので月々の支払も少なくて済みます。
 月々の支払が少なくて済めば月にお出かけに行ける回数も増えたり自分の趣味にかける
 お金もでてきたり子供に好きな習い事をさせたりできるかもしれません。
 住宅ローンを組もうと考えている人は自分の資産運用もきちんと考えていかなければなりません。
 もちろん住宅ローンを組む前に銀行任せにせずに自分からいろいろと情報収集して
 知識とお金を用意しておくことが一番重要だと私は感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事