住宅ローンの体験談

三井住友銀行で住宅ローンを組んだ東京都民の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール
私の性別は男で、年齢は25歳です。職業はOA機器の販売営業をしています。
家族は私と妻の2人であり現在は東京都に住んでいます。

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?
三井住友銀行で組みました。

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由
私の給与が振り込まれる口座が三井住友銀行のため、こちらに致しました。
担当してくださった方も、いつもご対応いただいている方であったため住宅ローンについて非常に分かり易くご説明いただけました。

スポンサーリンク

★審査や手続きの詳細について教えてください
まず、年収から勤続年数を確認されました。年収や勤続年数は銀行口座がこちらにありましたのですぐに確認が取れました。
担当してくださった方からお話しを聞くと、銀行によっては特に年収の部分を考慮している所が多く、勤続年数も確かに考慮しますが重点はどうやらお金の方に行くようです。
審査のスピードについてですが1週間から2週間にはお電話をいただきました。

★ローンの金額や返済期間について
ローンの金額は3000万円、そして返済期間は35年です。月々に返済する金額は今回担当してくださった方とよく相談し決めております。

★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと
一軒家を早期で購入できたことです。この金額を現金で出すことは難しいため、もし住宅ローンがなければこのように購入は出来なかったと思います。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと
本当にこの金額を将来返済できるのかと言う不安が付きまとっていることです。購入するときには、勢いと言うのがあったため、その時にはあまり感じられませんでしたが、いざ購入して住んでみると毎晩夢を見るほど不安があります。

しかしながら、購入してしまった以上は返済していかなければなりませんので、それが仕事への励みにもなります。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス
もし、これから住宅ローンを組もうと考えている方がいらっしゃいましたら、3点ほど気をつけていただきたいと思っています。

まず1つ目が年収に見合った金額の不動産を購入することです。私の知人に年収に合わず非常に高価な一軒家を購入してしまい、生活費を切り詰めなければ生活できないほど厳しい生活を送っているようです。生活費を切り詰めてまで住宅ローンを支払い続けるのは厳しいと思われますので、銀行の担当者とよく相談し、本当に無理がないかをよく確認してから組まれる方がよいでしょう。

2つ目があらゆる事態を想定して住宅ローンを組むことです。あらゆると言うのは、例えば今勤めている会社が規模を縮小するため従業員の給料を低くする、また倒産してしまい会社がなくなってしまう等の想定をしなければなりません。もしそのような事態になっても少なくとも2年は生活できるような環境を整えておくのがよいでしょう。

私の友人に、私と同じ時期に購入した方がいます。私と勤めている所は違いますがよく会話する仲です。その友人の会社の業績があまり良くなく、子会社から従業員の給料を減らしていく方針を行ったようです。友人は子会社に勤めていたため、丘陵が3割ほど減ってしまい、こちらも上記と同じく生活費を切り詰めてローンを返済しているようです。

あらゆる状況を確実に予測することは不可能ですが、その状況になっても問題なく過ごせるような対策、例えば貯蓄がこれだけある等の余裕を持っていたほうが良いでしょう。そうすれば、何が起こっても問題なく過ごすこともできますし、生活費を切り詰めることも無く生活ができます。

3つ目が子供が出来たとき、もしくは子供がいる方であればその子供の将来について考えておくことです。
そんなこと言われなくても将来については考えていると仰る方々がいると思いますが、将来の夢とかではなく何歳でこれぐらいお金が掛かる等の詳細な金額についてです。

例えばですが子供を県立や国立でなく私立に通うとします。小学校や中学校は市立や区立、県立等の場合であればそのまま入学できますが市立の場合は試験があります。試験に合格させるために塾に通わせる方もいらっしゃいますし、塾だけでは足りずに個別に家庭教師を頼まれる方もいらっしゃると思います。
そして、大学となりますと受験だけでも非常に高価な金額を取られます。

その金額も想定していないと、非常に痛い目を後々みるようになります。

最後になりますが、この世の中がどのようになるかは誰にも想像できません。ですので、もしローンを組みたいと考えている方がいらっしゃいましたら、余裕を持った返済プランをお考えになることをお勧め致します。そのお話しも金融機関の方が親身になって相談にのっていただけますので、お話ししておくべきでしょう。また、自身でも寝る前などの隙間時間を見つけて住宅やローン返済について勉強されるのも良いでしょう。
一生に一度の大きな買い物ですので、気をつけて購入することをお勧め致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事