住宅ローンの体験談

東京三菱UFJ銀行で住宅ローンを組んだ雑貨屋さんの体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール
自営業しています。3年前まで長年会社勤めをしていたのですが、経営状況の悪化により
早期退職をしました。一年間就職活動をしましたが、困難を極め、自営の道を選びました。
昔から雑貨が好きでいろんなお店の商品を購入し、インテリアにしたりプレゼントにしたりと楽しんでいました。
まさか、こんなに早く自分のお店を持つことになるとは思いもよりませんでした。
子供から大人まで、いろんなタイプの雑貨を扱っています。アンティーク雑貨も少しあります。
「雑貨を通して幸せになってもらいたい」というのがコンセプトです。

スポンサーリンク

食べ物と違い雑貨は毎日必要なものではありませんが、好きな雑貨を手にとって少しでも
気持ちのゆとりを持っていただけるといいと思っています。
お店の雑貨の多くは、高価なものではなくて、おこづかいで買えるもの、小学生も気軽に
買えるものです。
近くに小学校があり、下校時にはいつもウインドウを見てはしゃぐ小学生たちを見ているととても気持ちが和みます。
その和みを雑貨をとおして感じていただけることも、この仕事の使命化だとも思っています。
小さな雑貨屋さんですが、地域の皆さんに喜んでいただけるお店をつくっていけたらいいなと思っています。

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?
東京三菱UFJ銀行です。

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由
特に理由はありませんが、住宅会社からの希望で選びました。

★審査や手続きの詳細について教えてください
住宅ローンの審査に当たっては、取引口座があるかどうか。借金はあるかどうか。預貯金はどうかを確認されました。
借金がある場合は、きれいに返済しておかなければローンは組めないということです。
また勤務先の源泉徴収票の提出をしました。年収がいくらあるのかを調査するためです。
住民票の提出もしました。税金の滞納があるかどうかの調査もありました。

★ローンの金額や返済期間について
頭金は100万円用意しました。
毎月の返済額は75000円です。返済期間は30年です。

★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと
自分の持家という気持ちが、賃貸とは違います。賃貸の時はいろんな規制があって
部屋を触ることができませんでしたが、自分の家になると自由にできます。
それは住む者にとってはとても快適です。
インテリアにも力をいれることができます。壁や天井等も好きなようにできます。
自分の空間という意識が強くなります。
たとえ、住宅ローンを払っていたとしても、財産という意識も生まれます。
いつまでも賃貸というのは、社会的にどう映っているのかがありました。
だからといって、持家があるから会社での立場が変わると言うことではありません。
また、つき合いがおかしくなるということもありませんが、信用という意味では
やっと一人前になったと言う感覚です。
会社以外で社会的な信用度も変わると思います。
責任をもって背負っていると言う認識も生まれます。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと
会社勤めをしている時は考えたことはありませんでしたが、やむなく辞めてしまうと
決まった収入がないので、やはり不安材料になります。
自営業の収入は、その日その日でとてもバラツキがあります。いい時は予想もしない売上につながります。その逆に驚くほどひどい時もあって、大変な状況になります。
収入の安定性がないというのは、精神的にもきついことです。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス
今自分の勤める会社の状態がどうかということを、当然認識したうえでの家の購入だと思います。ただ、自身の場合もそうでしたが、会社は安定していると思っていても、いつどうなるかということです。事実安定していると思っていた状況から、リーマンショックの影響で大打撃を受けました。
まったく影響を受けない会社もありますが、そういう事態になったとしても、会社とは関係なく自分にお金の面での余裕があるという想定でローンを組むのならいいと思います。
また、当然のことですが、会社が倒産しても将来に不安のない状態でなら大丈夫です。
住宅会社は購入する側に売り文句として、頭金が少なくても、もしくはゼロでも大丈夫といいますが、これはあまり感心しません。
できるだけ自分のお金を先に用意しておいた方が楽です。当たり前のことですが、頭金が多い方がローンの残高が少なくなるわけですから、あらかじめ多めに頭金を用意しておいた方がベストです。
また、お金が用意できなければ諸経費もローンに組み込むことができるのですが、それも
後になると準備しておけばよかったということになりかねません。
住宅ローンは金利を払っているようなものですから、できるだけ元金を少なくして置いた方が楽なのです。
ローンの返済額が多いと、何年たっても残金が少なくならないというジレンマがおこります。
住宅ローンの金利は固定金利の方がいいと思います。
銀行がどちらを選択するのかを知らせてくれますが、途中変更できるように初めは変動型にしていても、結局固定の方が平均すると得になると思います。
今は銀行によって金利が自由になっていますので、どこの銀行が有利なのかをシュミレーションしてから決めるのも方法だと思います。
金利によっては返済金額の合計がかなり変わってきますので要チェックだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事