住宅ローンの体験談

三井住友銀行で住宅ローンを組んだ関西民の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール
関西のカスタマーセンターで勤務している、サラリーマンです。

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?
三井住友銀行で組みました。

スポンサーリンク

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由
私の場合、親族に三井住友銀行で働いている人が居たので、何かあったら頼りになるだろうという事と、普段からお世話になっている人なので仕事の役に立てればと思い、三井住友銀行にしました。

★審査や手続きの詳細について教えてください
上にも書いたように、私の場合、親族が三井住友銀行の関係者なので親身に相談に乗ってくれました。

手続きの流れとしては、まず、いくつかの書類を記入します。
これがいわゆる、仮審査というものになります。
そして、その結果が教えられます。

この仮審査が通れば、次は正式な申し込みの審査となります。
この際に、勤め先に電話が掛かってきます。
私の場合も掛かってきましたね。
たまたま居たので、電話に出ることが出来ました。

まあ、会社の人も私が家を買うことは知っていたので他の方が出ても問題は無かったのですがね。
もし、話をスムーズに済ませたい方や、他の人間に知られたくないと思われる方は事前に電話に出られる日や時間帯を伝えておくと良いでしょう。

そして、これが通ったら、今度は住宅ローンの契約です。
この際に、返済用の口座の開設も行います。

つぎに、若干難しい言い回しになるのですが、借り入れ対象物件の第一順位が三井住友銀行が指定する保証会社を抵当権者とする抵当権を設定登記します。
どういうことかと言いますと、まあ簡単に言えば、もし私が返済不能になった場合、他の金融機関などから借入があった際において、三井住友銀行が優先的に私から返済してもらえるようにする手続きと考えていただければよろしいかと思います。

この際に、いわゆる火災保険に加入することになります。
補足しますと、実はこの火災保険は、盗難保険を兼ね備えている場合が多々あり、自宅にガレージがあれば、普通は保険対象外になることが多い自転車も対象になることが多いので、よく資料を確認しておくと良いでしょう。

そしてやっと融資を受けられるようになります。
その際に、購入代金などの手続きをします。

それから1、2週間後に、返済予定表が送られてきます。
その際に、入居後の住所変更の手続きも行います。

流れとしては、こうであったかと思います。

★ローンの金額や返済期間について
私の場合、土地は父から生前贈与という形で受け取っていたので、実際は家の金額のみがローンの対象でした。
なので、普通に比べると若干安いかと思いますが、約3000万円がローンの金額になります。

ちなみに、一般的には年収の5~7倍が、ローンを組める金額なんだそうです。
返済期間は約30年ですが、まあ最終的には退職金でまとめて返済する気で居ます。

あと、月々の返済金額は10万円です。
何でも、年収の20%前後を年間の返済金額とした方が良いそうです。
なので、もう少し楽に返済したいと思い、少し低めに設定しました。

★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと
やはり、家を持つということは一種のステータスですし、家族も喜んでいますしね。
なにより、家があるということで安心感が出ます。
返済金も、賃貸に済むのと大して変わらないですからね。

一国一城の主という言い方は少々古いかもしれませんが、男としてはそうでありたいものですからね。
なんと言いますか、身が引き締まる思いに成るのです。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと
やはり借金ですので、その重みというものがのしかかってきますね。
某アニメの「まだローンが32年残っている」というセリフの重さが分かるようになりました。
あと、上記の抵当権云々の書類を書いているときも、その重さがのしかかって来ましたね。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス
マイホームを持つということは良いことであるとは思います。
ですが、アナリストの方曰く「賃貸に住み続けるほうが得」という意見もあるように、マイホームを持つことのみが正解ではないのです。
その辺りを良く考えて、ローンを組むのがよろしいかと私は思います。

もし住宅ローンを考えていらっしゃるならば、まずはご自身で出来る限りのことを調べてみるのも良いかと思います。
事前にどのようなことが必要であるのかや、ローンを組める基準や目安、そして借り入れ可能額などを事前に知っておけば、返済予定計画を事前に自分で計算できますし、対策も立てられますからね。

あと、私のような経験者の方からお話を訊くのもよろしいかと思います。
実際の経験を訊くというのは、大変価値のある情報ですからね。
私も、ローンを組むに当たっては数人の方に相談したり、どのようなものであるかを訊いたりしましたよ。

まあ、三井住友銀行で実際に働いている人が親族に居ましたので、その方にも大変詳しくお話を訊くことが出来ましたので、大変参考にさせていただきました。

ローンを組むというのは、借金を作ることであるというのを頭に入れておくことも重要であるかと思います。
返済は責任であり義務ですからね。その義務を、頭の中に入れておくことが、重要であるかと私は思います。

返済は大変ですが、家を持つということは本当にいいことなので、よく考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事