住宅ローンの体験談

自営業は審査に通りにくい?JAで住宅ローンを組んだ体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★カンタンな自己紹介・プロフィール
三重県在住の三十代の専業主婦です。夫と子供ふたりの四人家族です。夫は一人親方で自営業をしています。

★どこの金融機関で住宅ローンを組みましたか?
JAです。

スポンサーリンク

★そこの金融機関の住宅ローンを選んだ理由
夫は自営業をしています。お店を構えているわけではなくて、一人親方で造園業をしているのです。自営業はただでさえ、審査に通りにくいと昔から言われています。そこで住宅会社の人が色々と考えてくれました。会社員の家庭なら簡単に通る金融機関でも、自営業というだけで通りにくいというのです。JAです。当時はJAならきっと大丈夫でしょう。と言われました。
でも完全に大丈夫ということはないので、覚悟はしておいてくださいと言われていたのです。
正直私も夫も、住宅ローンを組むのはどこの金融機関でも良かったのです。審査に通ってくれれば、それでいいと思っていたのでこだわりはありませんでした。
★審査や手続きの詳細について教えてください
いくつもの書類がいりました。中でも重要だったのが、所得証明書などです。過去三年分の確定申告書の控えが必要でした。以前からいつかはマイホームの夢を持っていたので、しっかりと働いて所得もそれなりに良かったのです。過去三年分の記録を見て、返済能力を調べられます。だから夫は毎日仕事に頑張っていました。ただでさえ自営業は厳しいので、なんとか頑張ってくれていたのです。

★ローンの金額や返済期間について
毎月九万三千円です。総額で三千万円です。返済期間は三十五年になります。だいぶ長いし、毎月結構多いですが仕方がありません。

★住宅ローンを組んでみてよかったと思うこと
良かったと思うのは、やはり自分の家だという実感が持てた事です。今までは狭いアパート暮らしだったのです。でもそれが二階建ての大きな家になったのです。
私はもちろん、子供たちだって大喜びなのです。何が嬉しいかって、自分の部屋ができたのです。
今までは六畳の和室に布団を二枚敷いて、家族四人くっついて寝ていたのです。狭いし、子供の寝相は悪いし最悪でした。
それぞれの部屋を持てた事で、ベッドで寝れるようになったのです。夢のベッドです。
この住宅ローンがなかったら、いつになってもマイホームを持つ事はできませんでした。現金で一括で買わないといけません。でも住宅ローンを組む事によって、毎月返済していけばいいのです。分割なのでかなり楽になれるのです。

★住宅ローンを組んでツライと思うこと
最近では毎月辛いと思っています。少し無理があったかもしれません。自営業で毎月安定してはいません。収入だってばらつきがあるのです。だから決まった住宅ローンを返済するのは、かなり大変です。でも仕方なく頑張って返済しています。
そして食生活も変わってきたのです。それは今まで外食を一ヶ月に二回はしていましたが、一回もできなくなりました。
家でも大したこともできません。焼きそばに、野菜炒めなど安い食材でできるものをローテーション性で作っています。だから家族からはよくブーイングされるのです。
でもこれも住宅ローンを返済していくためなのです。
そして旅行もできなくなったのです。今までは夏と冬と年に二回は必ず行っていました。それが一回も行けません。そんな余裕がないのです。遊園地だってもうどれくらい行ってないかわかりません。
でもその分家で過ごす事が多くなりました。狭いアパートではなくて小さいですが庭もあるのです。家庭菜園をしたり、子供は犬と遊んでいます。アパートでは飼えなかった犬も飼えるのです。
住宅ローンさえなければ、これもできたあれもできたという事がいくつもあります。辛いことはたくさんあるのです。

★これから住宅ローンを組もうと思っている方へのアドバイス
ある程度の余裕を持って住宅ローンを組みましょう。うちみたいに、ギリギリで住宅ローンを組んでしまうと必ずしわ寄せがきます。だからしっかりと考えて計画を立てないといけません。
毎月いくらなら返済できるのか、もしも修理が必要になったらいくら必要なのか、毎月の返済額は本当に大事です。あるのなら頭金を多めにして、毎月の返済額を少なくしましょう。
どこの家庭でも、会社員なら毎月のお給料は決まっているでしょう。だから計算は簡単なのです。それをしっかりと確認してこそ、将来辛くなることもないのでしょう。
何歳まで返済するのかも、とても大事なのです。きっと今では想像付きませんが、将来のことをしっかりと見て考えないといけないのです。
住宅ローンは安くはありません。高い住宅ローンが当たり前なのです。今は大丈夫と思っても、それはずっとそうでもない時だってあるのです。もしもそうなってしまったら、返済していくのが大変になるのです。手放す人だってきっといるはずです。
そうならないためにも、ある程度しっかりと考えましょう。専業主婦をしている奥さんがいるならば、住宅録ぉ返済していくために働きに出ることも考えたほうがいいのです。子供が小さかったらお金がかかります。教育費にいくらかかるかの想定もしたほうがいいでしょう。
結構高い買い物です。全く安くはありません。でもそれは自分たち家族の家になるのです。誰のものでもない、あなたたちの家です。その家のためにできることを考えたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事