引越し体験談

荷造り・ゴミの処分は計画的に。クロネコヤマトの単身パックを利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山県の中心部から宮崎県の田舎町へ引っ越し

2回目の引越しについて書こうと思います。大学を卒業し、住んでいたアパートを引き払って実家へ戻るため、岡山県の中心部から宮崎県の田舎町へ引っ越しました。

引越し業者は、クロネコヤマトの単身パックみたいなものを使いました。

スポンサーリンク

割と大きな家具があったので、単身パックで大丈夫なのか不安でしたが、

車に乗って業者さんがお二人来てくださったので安心しました。

私はこれを持って行って欲しい、これは置いておいて欲しい、等少し支持を出すだけで、あとは運搬から料金の支払いまでスムーズに進みました。

ダンボールが15箱ほど、テレビ・洗濯機・冷蔵庫・折りたたみベッド、衣装ケースなどがあり、すべて荷造りをして持っていくだけにしていました。

わりと朝早めの時間でしたが、時間通りにさっと来てくださって、あっという間に持って行ってくださいました。

後日、荷物が届いたときも、破損も遅れもありませんでした。

引越し費用は、5万円程度だったと思うのですが、定かではありません。

業者さんに支払ったお金がその程度。

ほかに、捨てることにした家具や自転車などの粗大ゴミの処分料金がかかりました。

計画的に荷造りをする必要があります

思っていたよりたくさんのゴミが出て、その処分に困りました。

引越し当日、一日がかりで掃除まで終わらせたんですが、不燃、可燃、資源、粗大ゴミ等いろいろな種類のゴミが出ました。

回収日はもうすぎていたゴミなどもあって、泣く泣く友達に頼んで後日ゴミ置き場に出してもらったりもしました。

不燃ごみなんかは週に1回程度の回収ですもんね。考えがあまかったなと思います。

とにかく計画的に荷造りをする必要があります。

早く荷造りしすぎても、結局使うことになってどこに入れたか分からない、なんてことになりがちです。

特に処分する予定のものは、早めに行き先を決めておくべきです。粗大ゴミも、自治体に電話したからと行って翌日に即回収してくれる!というわけではありません。

ごみの捨て方、荷物のまとめかた、すべてを計画的にやらないと、いくら運搬は業者に任せたといってもうまくはいかないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事