引越し体験談

見積もりは複数社出しアート引越センターで決めました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の世田谷区から文京区へ引越し

昨年の10月に会社設立に伴い、文京区に事務所を構えました。当初は世田谷区内から事務所まで通勤をしていましたが、ドアとドアで1時間30分以上かかることから、往復で3時間のロスを考えた場合、家賃はアップしますが、東京の世田谷区から東京の文京区に引越しをしました。

見積もりを頼んだ業者はアリさん、サカイさん、アートさん、アークさんでした。

こちら側の条件としては、金額だけではなく、家財の保障や、仕事のクオリティーも重視しました。

スポンサーリンク

たとえば、引越しをするときに、今の住まいに傷をつてしまった場合、私も道義的な責任を感じますし、実際に損害賠償も発生する可能性も考えられます。また、引越し先の住まいにおいても、同じです。

最終的に保障、引越し金額、営業担当者のレベルなど、総合的に判断した結果、アートさんに決めさせていただきました。

仕事内容としては、作業の速さ、丁寧さのバランがとてもよかったと思います。また、引越し先の住居内に一部に傷がついてしまった際の対応も満足しています。

今回の引っ越しは2LDKから3DKですが、引越し代金は10.5万円で、入居するための資金は60万円となり、合わせて70万円かかりました。

業者さんがどこまで作業をやってくれるのか確認

引越しの準備は1か月ぐらい前から始めましたが、細かい荷物をダンボールに入れて仕分けしたたり、不用品を処分するのに相当な時間を要しました。具体的には休みをフルに使い、6日ぐらいかかりました。あとから、きずきましたが、引越し業者さんでやってもらえることなども自分たちでやっていた感じで、なれないため、非常に効率の悪い段取りだったような気がしています。

まずは、引越しの見積をお願いするにあたり、2社から3社ぐらいはお願いしたほうが良いと思います。また、その際に決めておくことは、自分が何を優先するかでしょうか。

たとえば、引越し費用を重視する場合、大手業者さんより、中小の業者さんのほうが料金は安い場合があります。また、高級な家具をお持ちであったり、仕事のクオリティー(安心)を重視されるのであれば、大手業者さんに見積もりを依頼されることをおすすめします。

その他、私の経験から、業者さんがどこまで梱包などの作業をやってくれるのかについて、事前に確認をしておけば、少しでも自分の負荷を減らせると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事