引越し体験談

レンタカーを借りて東京都墨田区から渋谷区を自分達で引越し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

距離はそれほど遠くなかったけど4往復しました

仕事がかなり忙しく不規則になり、終電がなくなってしまうことも増えてしまったので、職場まで自転車で通える距離に住みたいと思い、引っ越しを決意しました。

実家から出て一人で暮らしたいという思いもあり、東京都墨田区から渋谷区へ引っ越しました。

スポンサーリンク

引越し費用は、準備にかかった資金を入れても2万円程度だったと思います。

弟と友人1人に手伝ってもらい、自分たちだけでレンタカーを借りて引っ越しをしました。

車で1度で運べる量は限られているため、都内での引っ越しだったので距離はそれほど遠くないのですが、4往復くらいしなければなりませんでした。

本や家具など、重いものが多かったため、荷物の積み下ろしや往復だけでかなり時間がかかってしまい、結果的に1日がかりになってしまったので、夜には全員疲れ切ってしまいました。

梱包も自分でやったので、気をつけたつもりだったのに食器などが少し割れてしまったり、傷をつけてしまったりしました。

途中、段ボールが壊れてしまって荷物を道にばらまいてしまったりというハプニングもありました。

大型の家具や電化製品などを運ぶのに苦労

大型の家具や電化製品などを運ぶのにも苦労をしました。特に、冷蔵庫は横に向けてはいけないので、少人数で素人で運ぶのは本当に大変でした。

引っ越し先の近所はかなり道が狭く、駐車場も遠かったため、荷物の運び入れにも苦労をしました。

最終的に、手伝ってくれた友人と弟にお礼をしなければならなかったので、その分のお金とレンタカー代だけで済んだのですが、もしかしたら引っ越し業者に頼んでも労力の割に、それほどお金はかからなかったかもしれません。

時間がかかってしまったせいで、生活環境を整える時間が引っ越し当日には十分に取れませんでした。

最近は、単身用の引っ越しパックのある業者もたくさんあり、料金も安いので、自分たちでやるよりも結果的に楽で良いかもしれません。

プロの引っ越し業者なら、荷物を傷つけたり壊したりすることもなかったかもしれませんし、梱包もきちんとしてくれるだろうし、もっと時間も短縮できたと思います。

業者に頼んでいれば、自分は先に引っ越し先に行って、掃除をしたり荷物を片づけたりという時間もゆとりを持ってできたのではないかと思います。

また、自分たちで引っ越しをする場合には、引っ越し先の近くに車を止めておける場所も調べておくべきだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事