引越し体験談

2日間完全徹夜で荷造り…サカイ引越センターで引越し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県内の習志野市から千葉市へ引越し

夫が一人暮らしをしていた所で同棲をしていたため、結婚を機に将来の子育てを視野に入れた新居を探していたため、千葉県内の引っ越しで、習志野市から千葉市へ。

車で20分程度しか離れていない所でした。

引っ越し業者は『サカイ引越センター』に依頼をしました。

スポンサーリンク

見積もりをお願いした時の対応も親切で、荷造りのための段ボールも有料になるというものも無料で融通してもらえました。

引越の当日も、予定していた時間よりも早く来てくれましたし、急遽引き取りをお願いする事になった粗大ゴミも快く引き取ってくれました。

次に引っ越しする機会があったら、またお願いしたいと思える業者です。

終的に業者さんにお支払いした金額は83,000円程度でした。

引っ越しの数日間は休暇をとったほうが良い

2人とも仕事をしていたのと、タイミングが悪くお互いの仕事が立て込んでしまって予定通りに荷造りを進める事が出来ず、引っ越し予定日の前2日間は完全徹夜での荷造りとなってしまいました。

予定外のハプニングだったとは言え、ものすごく辛かったです。

業者さんの方も、予定時間よりも1時間くらい早く来てくれたんですが、準備万端の状態なら素直に喜べたんですが、今回ばかりはもっとゆっくりでいいのに!!と思わずつぶやいてしまいました。

新居に荷物を運び入れる時も、私たちは荷物をどこに置くとか指示をするだけで良かったんですが、それと同時並行で電気屋さんから冷蔵庫やら洗濯機といった大物家電が搬入されていたので、新居のマンションは色んな業者さんの入り乱れるカオス状態。

新居への荷物搬入が終わると、今度は旧居へとんぼ返り。忘れ物の最終チェックと、掃除。管理会社からは掃除はしなくていいと言ってもらえていましたが、それでも夜逃げをしたように散らかしたままにしておくのも気が引けたので、そこから掃除開始。

最終的に新居に戻ったのは夜の10時頃だったと思います。

この時ばかりは2人とも死んだように眠りました。

私たち夫婦の間では今でこそ笑い話になっていますが、当時は本当にボロボロのヘロヘロでした。

引っ越しの準備はゆとりを持って設定していても、思わぬ仕事の都合などで大きくずれ込む可能性があります。

引っ越し当日も、予定を詰め込みすぎるとスケジュールがタイトになり過ぎてとても苦しむ事になりますので、引っ越し当日から数日間は出来るなら休みを当てて、片付ける時間をたっぷり取る事をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事