引越し体験談

札幌市東区から北区へ赤帽で引越し!洗濯機の取り付けもしてもらえました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来た作業員がおじいちゃんっぽい人でした

前の家が契約時の資料よりも狭く、思っていたより大学から遠かった。部屋がまっしろで、家にいると疲れる。ガスの種類がプロパンガスで、ガス代や暖房費がかかる。

札幌市の東区から北区へ引っ越しました。とても近い場所です。

引越し業者は、値段を安く抑えるために赤帽にお願いしました。

スポンサーリンク

一人暮らしを始めてから、必要最低限のものしか揃えていなかったので、荷物が少なく、自分でも手伝えると思いました。とにかく値段を抑えたかったので自分でやれるところは自分でやろうという気持ちでいました。

赤帽とは何度か電話でやり取りをするだけで済みました。家にある荷物が少ないため、家に見に来る必要がなかったそうです。その辺はすごく楽でした。

作業員は一人だと聞いていましたが、当日は来たのがおじいちゃんっぽい人で「あら」と思いましたが、会うなり、ものすごく活気に満ち溢れていて、少しも不安になりませんでした。

決めた時間よりも15分~20分ほど早く来て、準備をしており、荷物を運び出すのも決めた時間より早かったと思います。手際良く、家具や家電や段ボールを運んで行き、驚きました。

あとは、移動距離が短いことも関係しているかもしれませんが、お皿などの割れ物でも、神経質になって、そんなに守らなくても、ある程度大丈夫だと教わりました。もちろん最低限のことはしましたが。

引越し費用は、7500円ほどかかりました。

15分単位で課金されていく

洗濯機のホースの取り付けなどもしてくれました。本当は業者がやることだけど、自分はできるからといってやってくれました。改めて業者を呼ぶ必要がなくなったので、すごく助かりました。

また、15分単位で課金されていきますが、何分かまけてくれました。

洗濯機や冷蔵庫は専用のベルトがあるから、一人でも持ち上げられるんだと言っていましたが、さすがに大変なことだと思うので、サービスしてくれたりして、嬉しかった半面、悪い気もしました。終わりにアイスを一緒に食べました(笑)

引っ越しは、荷物がたとえ少なくとも、自分が思っている以上大変です。(自分も手伝うのであれば)当たり前ですが、少しずつ少しずつ整理したりパッキングした方がいいと思います。

業者を選ぶことも重要ですが、物件は何度も何度も見て、いろいろことを考えたり想定した方がいいと思います。

私は今の家は5回ほど見ました(笑)もちろん他の候補の物件もです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事