引越し体験談

見積もり前に不要物は処分。クロネコヤマト宅急便で引越

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀県嬉野から香川県高松へ引越し

子供の学校、わたしの仕事の都合、生活の便利さ、実家への距離などを考えて九州の佐賀県嬉野から四国の香川高松へ引っ越すことになりました。

次に、業者の選び方、そこに至る経緯、などについて述べてみたいと思います。

時間は比較的ゆっくりあったので、料金やサービスをじっくり吟味するためネットで様々な業者を比較し、さらに3~4社に電話をかけて細かく中身を問い合せました。いろいろと悩んだ結果、その時はクロネコヤマト宅急便にお願いすることにしました。結果的には、やはり大手に頼んで良かったと思いました。

スポンサーリンク

次は資金と見積について、荷物はできるだけ増やさないようにしていたのですが、思いのほかガラクタを処分することができず沢山の荷物でダンボールが溢れかえってしまいました。

ダンボールのだいたいの個数(50個以上あったかも)とその他、本棚数点、洗濯機1、冷蔵庫1、テレビ2、ベッド、自転車、布団袋、戸棚、食器棚、サイドボード、照明器具、ウオーキングマシン、などなど、全体像を伝えて見積もりをお願いしました。車もあったので家族は分乗し、着時間だけ約束して別ルートで目的地に先に着きました。

これだけやって、たしか最初は35万円くらいかかるのではないかというお話でしたが、いろいろ道具を整理したり、2~3度交渉を繰り返すことで、なんとか25万円前後くらいまで抑えることができたと思います。

いらないものを処分しておくと見積の時かなりスムーズになる

次に、引越しのときの思い出や途中で気づいたことですが、引越しの時には、もし数ヶ月前から引っ越さなければいけないことが分かっている場合、あらかじめどんどんいらないものを処分しておくと実際の見積の時かなりスムーズになると思います。

あと、長距離を移動したり運んだりするのでどうしても中身が壊れたり一部紛失することがまれにあるかもしれませんが、その時も『心配いりません』と業者さんが親切に対応してくれました。大手を選んで良かったと思いました。

最後にこれから引っ越そうと思っている方へのアドバイスですが、初めての人はやはり最初はネットで色々調べてみて、比較検討するのがいいのではないかと思います。

比較サイトではレビューなども参考になります。いくつも読んでいると相場観もだんだんと分かってきます。

そう何度も引っ越したわけではないですが、やはり大手の業者の方が逃げも隠れもしないというか、サポート体制はいいのではないかという印象を受けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事