引越し体験談

引越しは交渉力が大事?ありさんマークの引越し社で引越し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市内から大阪府下へ引越しをしました

今までは賃貸マンションに住んでいました。主人の両親も高齢になり今は元気だけれど、いずれは面倒を見なければならなくなるので、みんなが元気なうちに転居しようと話し合いをしました。

そんな時に実家近くに土地が売り出されているのを知り購入して新居を建てました。

大阪市内から大阪府下へ引越しをしました。移動時間は2時間もかからないくらいです。

私たちの住んでいたところは引越しの出入りが頻繁にある賃貸マンションでしたので、どの会社の業者さんが出入りがあるのか、ある程度はリサーチできました。

また、引越し経験のある方のアドバイスももらって最終2社の見積もりを取りました。

結果、時間指定がなければトラックもグレードアップ、スタッフの人数も増やして安くなった<ありさんマークの引越し社>に決めました。

作業に慣れないバイトくんもいましたが、社員さんらしい方がフォーローに入ったりしてスムーズに引越し作業をしてもらえました。

引越し費用は、15~17万だったと思います。

2社以上の業者と値段交渉するのがオススメ

生まれたときから実家暮らし。転居したといえば、結婚のときくらい。その時も二人とも実家暮らしだったので普通自動車で着替えなどを持ち出したくらい。初めての引越しでした。

本当は荷造りも荷解きも専門スタッフにおまかせのパックにしたかったのですが、予算の都合上全て自分でしなけばならなくなりました。

大事な食器などはなかったのですが、壊れないように梱包ダンボールに詰めるのに苦労しました。

思うように作業が進まずに引越し前日は徹夜になってしまいました。

少しでも経費を削減したいのなら最初から「この引越し業者にしよう」と即決せず、2社以上と値段の交渉、駆け引きをするのをオススメします。

業者さんも慣れているのか、簡単に交渉に応じてくれる印象がありました。

交渉力が問われて、とにかく気力体力が必要ですが大事なことだと思います。

当たり前のことかもしれませんが、ひとつひとつスタッフに荷物搬入の指示をするのは大変なことなので引越し先の部屋の番号をダンボールや家電などに書いておいて、割り振り表をどこかに張り出しておくと、スタッフの荷物搬入もスムーズに行きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事