引越し体験談

友達が悪ふざけして困った…東京都杉並区高円寺内を友達と引越した経験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直線距離で1kmにも満たないところじへ引越し

もともと住んでいたのは杉並区の安アパートでした。

駅近で家賃も安いのは良かったけれど、ちゃんと良く見ずに決めてしまったため、実際に住んでみたら、湿気でべたべたするし、押入れの中はカビが生えるしで、不満だらけでした。狭くて物も置ききれなかったので、仕事で昇進、昇給したので、それを機に大きくて、ちゃんとしたところに引っ越そうと思ったのです。

杉並区の高円寺から高円寺。直線距離で1kmにも満たないところでした。

高円寺という町の雰囲気や、商店街も栄えていて、利便性などは気に入っていたので、高円寺から離れる気はありませんでした。

ちょっと家賃を無理して選んだので、部屋の敷金、礼金など初期費用でいっぱいいっぱいでした。

だからなるべく、引っ越し費用は抑えたいと思い、ものすごく近場への引っ越しでしたので、引っ越し業者には頼まず、友達に手伝ってもらいました。

引っ越し資金としては、レンタカーで軽トラックを借りたのと、友達2人に昼ご飯をおごったので、合計で1万円ぐらいでした。

引っ越し業者は数社に見積もりをお願いしていたのですが、独身一人暮らしで荷物が少ないことと、距離がものすごく近いことを考慮しても、最低で2万円ぐらいでしたので、金額的にはかなり安くできたと思います。

引越し業者へたのみましょう

大学時代からの長い付き合いで、お互いの引っ越しの時には手伝いあっていたので、今回も迷わずお願いしたのですが、はっきり言って最悪でした。

僕が大事にしているコレクションは段ボールにまとめ、「大事!」と記載して、丁寧に扱うように言ったのですが、それをフリだと思って、あえて雑に扱うノリが出てきてしまいました。

こうなると、もうどうにもなりません。

強く言うと、余計にフリだと思ってやめてくれません。

だからと言って、弱く言うと聞かないので、もうどうしてよいかわからないのです。

正直、キレて「もう帰れ」と言いたくなりましたが、手伝ってもらっている手前、我慢しました。

なんだかんだで引っ越しはできましたが、いろんなものを雑に扱われ、後味の悪い引っ越しになりました。

こんなことならお金をけちらずに業者さんに頼めば良かったと思いました。もしくは後輩が良いと思いました。

是非、引っ越し業者に頼みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事