遠距離恋愛の体験談

離れてみてお互いの大事さが一層よくわかった気がする遠距離恋愛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼の転勤を機に大阪と東京で遠距離恋愛

私たちは学生時代から付き合っていたのですが、彼が東京に転勤になり、離れてつきあうことになりました。

大阪と東京での遠距離恋愛です。

スポンサーリンク

信頼関係がより強くなり結婚へ対しても前向きになることができた

楽しかったことは、私はあまり東京へ行ったことがなかったので、会いにいくと色々な知らないところに行けたり、ディズニーランドへも行ったりできたことですね。

他には離れていると信頼関係がないと付き合っていくのは難しいと思うのですが、それがより強くなり結婚へ対しても前向きになることができました。

たぶん遠距離恋愛をしていなかったら、結婚することはなかったように思います。離れてみてお互いの大事さが一層よくわかった気がしますね。

相手が離れているだけに、疑ったりすることが多かった

やはり相手が離れているだけに、疑ったりすることが多かったです。それに週一回会えればいいというのはさみしいものです。

自分も会社を辞めて東京に行ってしまおうかと思ったこともありました。親からは東京に行ってしまった人はあきらめて、こちらで転勤のない人と結婚してほしいとまで言われてしまい、すごく悲しかったです。親にしてみれば、結婚してしまったら私が東京にいくことになるのは間違いない、それが嫌だったんでしょうね。

一度彼の住んでいるマンションで、もしかして女性が出入りしているのでは?と疑うような状況があってそれですごいけんかをしました。本当のところはたくさんの人で飲み会をしたようなんですが、やはり女性もののアクセサリーが落ちていたりするとかなりショックですよね。彼は必死に説明してくれましたが。

その後ちょっと私が不安で、彼を束縛気味になってしまって、彼が私から離れていきそうになりましたがなんとか付き合いが続きました。

自分にとって一番大事な人は誰なのか常に頭において行動してほしい

遠距離恋愛は長く続かないと言われますが、それは人それぞれだと思います。実際私たちは遠距離恋愛の末結婚しました。離れていると不安なことや、周りがうらやましく感じたりすることなどすごく多いと思いますが、今の時代は携帯があるし、パソコンでスカイプもできます。できるだけそういうツールを使ってみてはどうでしょう。

あまり会えなくなると、近くにいる人を好きになってしまいそうになることがあったりしましたが、自分にとって一番大事な人は誰なのか常に頭において行動してほしいです。

心にすきが出来て、身近な好きでもない人でさみしさを紛らわして後悔することだけはやめてほしいですね。相手も傷つきます。

遠距離恋愛は自分だけでなく相手もさみしいのは一緒です。お互いに辛いということを忘れないで、離れていることをプラスに向けられるように二人で時間や気持ちを埋めて欲しいですね。さみしかった分、後できっと素敵なご褒美が待っている、位に思って欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事