失恋の体験談

12才年上の彼女…年相応の女性とつき合って欲しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12歳年上の女性に恋をした

今から約9年ほど前になるのですが、当時、18才の頃に付き合っていたのが、私よりも12個年上の30才の女性でした。

その人の事は本当に大好きでした。初めて年上の女性としてつき合ったのがその女性だったこともありますし、包容力や、時々見せてくれる女の子らしい繊細さに、年下ながらも色々な面で守りたいという想いを強く抱いた、私が初めて本気で愛した女性だったんです。

スポンサーリンク

彼女が年齢差に悩んで失恋

その女性との失恋に至ったのは、今から約7年ほど前の秋頃でした。当時、私が20才、相手の女性が32才の頃でした。

色々な理由がありましたが、一番は、彼女が私との年齢差を長年にわたって悩んでいたことでした。

私自身も、出来ればこのままつき合いを続けることが出来れば、結婚という形まで真剣に考えていたのですが、どうやら、12才年上という事が、彼女の中で罪悪感になっていたり、私の未来を彼女なりに考えてくれていたらしく、自分ではなくもっと年相応の女性とつき合って欲しいという事を理由にして、私が振られる形で失恋に至りました。

初めて、本気で愛した女性だった事もあり、正直な所、すぐには立ち直ることが出来ませんでした。

当時は、まだ大学生だったこともあり、時間的な余裕には恵まれていたので、なんとかその傷心の想いを満たすために、癒す為に色々な行動に打ち込んだりもしていました。例えば、アルバイトに、以前以上に励んでみたり、普段の自分の世界から一歩抜け出すような形で旅に出たりなど、失恋の傷や辛さ、寂しさを癒す為に色々な行動を選択していました。

別れた彼女に再開、彼女は婚約していたが立ち直ることができた

彼女に振られてから約1年後、やっと立ち直ることが出来ました。

それまで色々な行動にチャレンジすることによって、失恋の辛さや記憶自体を思い出さないように心がけたり、新しい恋が失恋の傷を癒してくれるという想いから、新しい恋に走ろうと思いました。

けれど、最終的に私の傷心を癒してくれたのは、私を振った彼女でした。
1年後、突然、彼女から連絡があり、約束をして会うことになりました。

ひさしぶりに会った彼女の元気な姿を見てホッとする自分と共に、彼女の左手薬指に光る指輪を見つけてしまいました。
どうしても気になったので、その事を中心にして質問してみたところ、どうやら、その後、新しい年上の男性と恋をして、婚約まで至ったとのこと。

不思議と、それを聞かされても悔しさや寂しさは無く、むしろ、そんな彼女を祝福したいという想いで満たされたほどです。

それが、私の傷心を直接癒し、立ち直らせてくれたきっかけでした。

失恋の苦しさが強いほど、素敵な恋をしてきた証拠

今もなお、失恋に苦しんでいる方全てに贈りたい言葉は、一つだけです。
それは、その失恋の苦しさが強いほど、貴方が素敵な恋を一生懸命してきた何よりの証拠だと言う事です。

素敵な恋をしてきたからこそ、結果的には残念な形に至ってしまったけれど、それでもきちんと最後まで素敵な恋を完結出来た事をまずは誇って欲しいです。

そして、その上で、素敵な恋が出来る自分の力や魅力を信じて、焦らなくて良いですからいつか素敵な恋に再度チャレンジして欲しいと思います。
それまでは、沢山泣いて沢山叫んで、自分の心の満たされない部分を満たしてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事