失恋の体験談

中学の頃から好きだった子にSNSサイトで長年の思いを告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学の同じクラスのテニス部の女子に恋をした

中学1年の頃、同じクラスだった女の子です。
テニス部で運動も出来るし、学業の成績も良かったです。
とにかく負けず嫌いの子でした。
私は運動は苦手でしたが、成績は良かったと思いましたので、その子とはテストの点数や通信簿の成績で争ってたりしてました。

私は理系で、その子は文系でしたので、とにかく苦手分野で勝てるようにと切磋琢磨してました。
ある時、テストの全教科私がその子に得点が上回った事がありまして、その子は相当悔しがっていました。
その時に友人たちにからかわれたりして、自分自身では相当ショックな事でした。
その後、クラスが変わり話す機会も減ってきました。

スポンサーリンク

告白する勇気もなかったのですが、同じ高校に進学する事を知って、高校生になった時がチャンスだと思ってました。
しかし、高校の時に別の人と付き合っている事が分かり、まずその時点で失恋しました。
その後、付き合ってた人とは別れたらしいのですが、大学進学や部活等、色々と大変だったので、高校の時はその事はあまり話す事はありませんでした。

そして、高校卒業して、別々の進路となり、しばらく時間が経ちました。

SNSサイトで久しぶりに会話して長年の思いを告白

失恋したのは、2007年2月ごろです。
あるSNSサイトでその子を見つけたのです。
その時は物凄く嬉しい気持ちで一杯でした。
そして、インターネット上で久しぶりに会話(通信)する事になりました。

そのSNSサイトで長年の思いを告白しました。
当たり前の事ですが、もちろん振られました。
結婚したとも言われました。
この時点がその子に対して、完全に失恋した事になりました。

相当落ち込みました。体調も崩したかと思います。

彼女が結婚していたというのはウソだった!?

とにかく時間をかけました。
体調を崩したのは、失恋だけが原因ではありませんが、時間をかけて1年くらい静養してました。
徐々に回復をしていきました。

この話には続きがあり、失恋してから2~3年後、中学の友人たちと食事する事がありました。
その時に、あの子はまだ結婚していないと思われる、話を聞いたのです。その子はウソをついた事になります。

その話を聞いた時はあまりショックではありませんでしたが、まだ微々たる可能性があるのかなとは思ってました。
しばらく時間が経ち、結局、あるSNSサイトで、その子が結婚した事が分かりました。

焦らず、ゆっくりと時間をかけて気持ちを落ち着かせて回復しよう

失恋って、とても辛い事だとは思います。
しかし、片思いが長すぎるのも、経験上どうかと思います。

もし好きな子が居たとするならば、告白する勇気を持つのは大事だと思います。
そして、失恋してしまったならば、何らかの体調を崩したりするかもしれません。
その際はあまり無理せずに、じっくりと時間をかけてみるのもいいかもしれません。

無理をする事が一番危険な事だと思いますので、焦らず、ゆっくり、時間をかけて気持ちを落ち着かせて、回復させてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事