失恋の体験談

男女を差別せず友達になる人なので、車で送ってくれたのは私が特別じゃなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務していた会社で好きな人がいた

勤務していた会社で好きな人がいました。
その人も新卒者で、私も同じ時期に入社したことでよく話などもしていました。

部署は違っていましたが、明るく朗らかなタイプの人で、男女問わず人気がありました。
私は会社から近い場所に住んでいたのですが、とてもその人は親切で、車に乗せて送ってくれたこともあります。

スポンサーリンク

会社以外の場所ですでに彼女がいたと判明して失恋

4年前の、秋に失恋してしまいました。

その人は、とてもたくさんの人から人気のある人でした。
ですが、会社以外の場所に彼女がいたようです。

車に乗せてくれた理由も、冬で寒いので徒歩で歩く私が気の毒に思ったからのようです。
男女問わず好かれるけれど、男女を差別せず友達になる人なので、車で送ってくれた理由も特に私が女性だったせいではありませんでした。

彼女がいるという噂はあったのですが、実際に帰り道に彼女も合流したのを確認して、その日に失恋しました。

噂には聞いていたので半分は知っていたのですが、やはり好きでしたのでとてもショックでした。
しばらくはその人が声をかけてくれるのがすごく辛く、会社に行っても頭の中はもやもやしていました。

帰り道などに、また寒い日に車に乗せていこうか、と言われたのですが、断りました。
断った後も、なぜ今までのように会話できないのかと思い、また悲しく泣いてしまうこともありました。

ただ、帰り道を歩くだけで思い出してしまうので、できるだけ違う道を選んで失恋後は帰っていました。

新しい恋をして前の恋を忘れることができた

とりあえず、新しい恋をしてからは前の恋は忘れることができました。
何故か、その後に恋愛がすぐに始まってしまったのです。

あまり引きずることがなかったので、かえってよかったです。
その後その人もその彼女と結婚しましたが、私も幸せな結婚をしました。

次のステップがあるということを忘れずに行動することが大事

失恋しても、相手がとても良い人だったので、見る目だけはあると今でも思っています。
ですので、相手が幸せならそれでいい、と思うことが大事なことだと思います。

自己中心的になると、いつまでも失恋のショックからも立ち直れないこともあります。
もっと広い視野を持てば、いい人に巡り合って良かった、とかその人を好きだという気持ちをくれただけでも感謝ができます。

今は、その人のおかげで、さらに良い人に巡り合えた気もするのです。

ですがら、失恋した時は、次のステップがある、ということを忘れずに行動していることが大事なのだと思います。
いつまでも引きずらないようにするのも、恋愛のステップのひとつなのです。

私の場合はあまりに悲しい時には、一人カラオケをして泣いたりしていました。
でも、一日もう泣けない、というほど泣いてみると、結構すっきりする時もあります。
そして、悲しかったこともいい思い出になっています。

また、さらに私のように、新しい恋に目を向けていくことも結構重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事