失恋の体験談

社内恋愛の彼に二股をかけられ失恋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内恋愛での内緒のお付き合い

今から10年くらい前、まだ30代だった頃の話ですが、私の人生の中で一番好きになった人がいました。20代後半から付き合い始めました。

職場の先輩で最初はただの仕事仲間でしたが、一緒に仕事をしているうちに彼のいいところがたくさんわかって、気がついたらとても好きになっていました。

彼はリーダーシップがある人で、後輩思いの熱い男でした。でも暑苦しいわけではなく、見た目はちょっと落ち着いたジャニーズ系で、ひそかにファンも多かったです。

スポンサーリンク

そんな見た目でちょっと調子が良いところもあったので、チャラ男かと思っていたのですが、悩みを相談するとすごく真面目にアドバイスしてくれたり、失敗しても怒ることはなくフォローして励ましてくれました。

そして気持ちがピークになったころ、彼も私が好きだと言ってくれました。それから付き合い始めました。でも社内恋愛だったので、内緒で付き合っていました。

同じ職場の同僚と二股をかけられ振られてしまった

付き合い始めて4年くらいたったころ、突然彼から別れを言い出されました。本当に寝耳に水でした。

彼が別れを言い出す数ヶ月前から、同じ職場の同僚と付き合っていたそうです。知らずに数ヶ月間も二股をかけられていました。

あまりに突然ですぐには受け入れられず、泣いて別れたくないと言ったのですが、気持ちは彼女のほうにある、と言われ別れざるえませんでした。

職場は同じなので、仕事に行くのは本当に辛かったです。彼の顔を見れば普通に接することができず、パソコンに没頭しているふりをしたり、他の部屋に用事があるふりをして移動したり、なぜ私がこんな気持ちにならなければいけないのかと情けなくなりました。

相手の彼女とも顔を合わせなければいけませんでした。彼女も私と付き合っていたことは知っていたようで、仕事上の話はしても、お互いぎこちなく接していました。

家に帰れば毎晩泣いていました。お酒ばかり飲んで、まともな食事はあまりしていませんでした。こんなんじゃいけない、と思いテレビでもつければ面白い番組がやってるかもと見るのですが、お笑いの番組を見ても涙ばかり出ていました。

合コンや飲みにカラオケ。気分が晴れるようなことを毎日した

このまま消えていなくなりたい、と思うほど無気力になっていた頃、失恋を知った学生時代からの親友が飲みに誘ってくれました。年に1回、会うか会わないかになっていた友達でしたが、気晴らしになればと行きました。

その時、失恋の話を聞いてくれて、「そいつの電話番号教えて!私が電話してやる。」とすごく怒ってくれました。久しぶりに会ったのに、私のためにこんなに怒ってくれる人がいたなんて、と救われたような気がしました。本当に嬉しかったです。

それからこんなんで私の人生、無駄にしちゃダメだ!と思いなおし、彼のことを考えない努力をしました。

合コンにもたくさん行きました。女友達や同僚とも飲みに行ったりカラオケに行きました。とにかく、気分が晴れるようなことを毎日しました。

それから1年くらいして新しい彼ができました。心の奥には失恋の傷が残っていましたが、それを小さな傷と思えるくらい、素敵な人でした。

泣くのに飽きたら上を向いて

たくさん泣いて、たくさん悩んで、たくさん落ち込んでください。

でも泣くのに飽きたら上を向いてくださいね。必ずあなたの幸せになれる道があるはずです。

心の傷を知ったあなたは、以前よりずっと素敵になってるはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事