失恋の体験談

「TDLに家を建てたい人がいるから」バカげた嘘を付く男に幻滅した思い出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーフィンで日に焼けた素敵な体の男性に恋

サーフィンで日に焼け、無駄肉の無い素敵な体の男性でした。
不動産業の営業マンをしていて、スーツもキリっと着こなし、爽やかで誰とでも話ができるタイプでした。
金銭的にドライなところがあり、デートは完全に割り勘、出かけるために使った自家用車のガソリン代も清算するタイプでした。

スポンサーリンク

デートの予定をキャンセルされた日に浮気されていた

付き合っていたのは私が22歳~28歳の頃。
失恋したのは28歳の時、今から8年ほど前の事です。

見た目と会話上手な性格から、元々女性から人気がありました。
営業職という立場もあり、飲み会や女性との出会いの場も多かったようです。

元彼とは、私の女の友人が彼の先輩と付き合ってて、そのカップルを通じて知り合いました。

当時、彼氏がいなかった私に、気軽に遊べるお友達として紹介してくれたのですが、私がまず見た目に惹かれて好きになり、自分とは違ってスポーツ万能でフットワークが軽い部分にどんどん惹かれていきました。

ですが…
気軽に遊べる相手、として紹介された通り、彼は気軽に沢山の女性と関係を持ちたかったようで(深い関係の方です)一応付き合ってはいたものの、女性の影を感じながら過ごす日々が続いていました。
紹介してくれたカップルからも、「あんなに軽い奴だと思わなかった、ごめん」と謝られたほどです。

別の友人から、「あの男とは別れた方がいい、他に女がいるよ」とアドバイスをもらった事もありました。
どうやら、私以外の女性と出歩いている所を見てしまったようでした。

付き合って6年ほどの間、他に女性がいても結局は私の所に戻ってくるので、嫌な気はしつつも、結局は私の所に帰ってくるから、私が本命なんだとなぜか見守るような立場にいました。

しかし、年月が過ぎて周りの友人たちは結婚し出し、私も将来を意識するようになったとき、だんだんと心境の変化があったのです。

ある時、彼が捨てたレシートを見てびっくり。
東京ディズニーランドに行った、入場券と泊まったホテルのものでした。
その日は元々私とのデートの予定でしたが、彼が急に泊りで仕事になったとキャンセルされた日だったのです。

レシートを見たことを告げず、彼にその日はどこで仕事だったのか尋ねると、支離滅裂な答えが。
普段は彼の行動に関して口をはさむことはしなかったので、驚いたのでしょう。
そして、レシートを見たことを告げると、TDLで仕事だった、と言いました。
彼は不動産業。個人宅の販売をしています。

彼が言ったのは、「TDLに家を建てたい人がいるから」

絶句でした。
こんなバカげた嘘を付く男と、長年付き合っていたのか…

しかも、レシートは私のアパートに捨てていったのです。

ウソがばれた彼は、私に別れたいと言いました。私は快諾し、別れることになったのでした。

やや落ち込みましたが、別れた事に対する寂しさよりも、長年を無駄に過ごしてしまったという取り戻せない期間に対する残念な気持ちが大きかったです。

いつものように仕事をして、生活をしてみて、彼の影響がそんなに大きくない事に気が付いてしまいました。

犬を飼育し始めたことにより立ち直ることができた

犬を飼育し始めたことです。
すっと犬を飼う事に憧れていたのですが、動物嫌いな彼の反対があり、飼えませんでした。
犬と散歩をしたり、ドッグカフェでゆっくりと過ごす時間が私を生き生きとよみがえらせてくれました。

失った人を思うより、彼がいないからこそできる事を挙げて、取り組んでみて下さい。
長い旅行、女同士の付き合い、寝る間も惜しむ仕事、資格取得、趣味などなど。

次の彼ができたら、それらはできないかもしれませんよ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事