失恋の体験談

忙しすぎた営業の彼氏。暴走してその気もないのに別れを口にしてしまった…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バーベキューで知り合った男性とお付き合いすることに

独身時代に友達の彼氏の知り合いとして知り合いました。
たまたま一緒にバーベキューする話に誘われ、みんなでワイワイする内に、ちょっと良いなと思いましたが、当時私は二十四歳で彼は十歳くらい離れていたので、そういう対象には見られないだろうと思っていたのです。

ところが翌日友達から連絡が入り、私のことを気に入ったみたいだけどどうかな?ということだったので、二人で何度かデートし、お付き合いが始まりました。

スポンサーリンク

彼はバツイチで、数か月の交際で結婚し、奥さんの浮気で数か月の結婚生活が終わったという、すごいエピソードの持ち主でした。

身長が百八十センチを超えていて、外資系の大企業で働き、かなりの高給取りでもあり、三十代のうちに年収一千万円を目指していると聞いたこともあります。

社会的に成功したという自分への大きな自信が、隣にいる私にも強く伝わってきて、それがまた余裕のある大人の魅力にも見えました。

別れる気もないのに別れを切り出してしまい、本当に別れることに

お付き合いしてわずか三か月後くらいのことです。

彼は仕事が余りにも忙しく、メールや電話のやりとりもほとんどできません。
交際がスタートして、始めの数カ月はラブラブな時期を満喫したいのに、週末も仕事で会えなかったり、平日の夜も営業活動などで帰りが遅くなったりして、電話やメールもほぼありません。

こちらからメールを送っても、帰ってこないこともよくあり、会社の先輩に相談すると「メールなんかトイレに行った時にだって一分でできる。営業中だからできないんじゃなくて、する気がないんだよ」とたきつけられて、自分も腹が立ってきました。

そこで彼を呼び出して話をしている内に、このままの状態なら別れたいと伝えると、彼は考えさせてほしいという返事でした。
帰宅すると、このまま彼に振られてしまうのではと不安になってきて、本気で別れたいと思ったのではないと伝えると、「別れるといえばこちらがびっくりして謝ると思っていたのに、反応が違ったので焦ってあれは違うと言われても困るよ。別れは簡単に口に出すものではない。正直ショックだった」と言うのです。

そのまま彼の電話がつながらなくなり、きっちり別れ話をしないまま終わってしまいました。

それまで交際した彼氏からふられた経験がなかったので、大ショックでした。
しかも、上からコテンパンに言われた感じで、プライドも傷つきました。
ふられた後は、お付き合いをしていた時よりも、彼が素晴らしい人間のように思えて、逃した魚は大きいという心理状態になり、暴走した自分を恨んで後悔しました。

復縁の可能性はないとはっきり分かって気持ちの整理ができた

自宅に帰ると、落ち込んでそのことばっかり考えてしまうので、仕事の帰りに寄り道してスポーツクラブに行ったり、ネットカフェで漫画を読んだりして時間をつぶしました。

そうやって一カ月経ったころ、ふと家の電話から彼の携帯に電話すると、すぐに彼が出ました。

それまで携帯からかけると、いつも取らなかったのに、すぐに出たのでやはり避けられていたことが分かりましたし、その時の彼の口調からして復縁の可能性はないとはっきり分かったので、それから気持ちを整理できました。

あの時は失ったものが特別な価値のあるものに思えただけと分かった

あの時は、彼ほどの男性には出会えないと思い詰めていましたが、冷静になった今なら、あの時は失ったものが特別な価値のあるものに思えただけだと分かります。

恋愛中はこの人しかいないと思い込んでしまうものですが、しばらくすると別の出会いを求めて、動き始めた方が良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事