失恋の体験談

異業種交流会のパーティーで知り合った男性とお付き合い。実は既婚者だと発覚し涙のビンタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異業種交流会のパーティで知り合った男性とお付き合いに発展

27歳の時、会社の上司の勧めで異業種交流会というパーティーのようなものに参加しました。

ビジネスマンとしての見聞を広げて来いとの指令でしたので、出会いなんて全く期待していなかったのですが一人で参加していた私に話しかけてくれた6つ年上の男性と意気投合。オシャレで、話が面白くて、私のような若い女の人にも決して偉そうにしないところに惹かれました。その日は名刺交換をして別れたのですが、数週間後会社のメールアドレス宛に先日のお礼とお食事のお誘いが来て、テンションマックス。

さっそく2人で食事に行きました。その後何度かデートしたけど、手を出してくる気配がなく、そんな紳士的な部分も含め彼のことが大好きになってしまいました。

ある日「結婚を前提に付き合って欲しい」と言われ、付き合い始めることに。そこから約半年間、お互いの家を行き来したりしてお付き合いしていました。

スポンサーリンク

バーテンさんとの会話がきっかけで彼は結婚していて子供がいることが発覚

失恋したのは27歳の時

付き合い始めて半年くらいたった頃、彼の行きつけのBARに初めて連れて行ってもらった時のこと。
カウンターに座って飲んでいたのですが、しばらくして奥から出てきたバーテンさんが「お~△△(彼の名前)久しぶり!●●ちゃん元気?」と、私の知らない女性のことを彼に聞いたのです。

彼はめちゃめちゃ動揺し始めてしまって、それでも気づいていないバーテンさんは「■■ちゃんは何歳になった?」とか私が連れとは気づいていないのかわざとなのか知らないけど、彼に質問攻め。

もちろんすぐさまそのお店を出ることになり。その後道端で問い詰めると、彼は結婚していて、5歳になるお子さんがいるんだとか。腰が抜けそうなくらいショックを受けました。

家に行っても気づかなかったのは、もう何年も別居しており、夫婦関係が破綻したからとのこと。
奥さんに会うのも月に1度程度だそうで、そりゃ気づかないよ!という感じでした。

ずっと嘘をつかれていたことが本当にショックで、しかも、奥さんが離婚したいと言ってくるまでは離婚したくないと言い出す始末。でもいつか必ず離婚するからそれまで待って欲しい、この条件をのんでくれないなら今後付き合っていけないと言われ、そんな男こっちから願い下げだー!と言い思いっきりビンタして帰ってきました。

怒りと悲しみと悔しさと、色々な感情が一気に押し寄せてきて涙がとまりませんでした。

すぐに着信拒否、メールもブロックしたのですが、2週間くらいは立ち直れませんでした。
仕事をしていても勝手に涙が出てきてしまったり、昔のメールをみて泣いたり。
休みの日もずっと家でボーっと過ごしていました。

合コンや飲み会などの出会いの場に積極的に参加しまくった

ある日、ふと「このままじゃいかん!」という気持ちになり、同僚や友達に連絡して合コンや飲み会に参加しまくりました。自ら強化月間と名づけ、1ヶ月の半分以上は出会いの場に足を運びました。

その甲斐あってか、素敵な出会いに恵まれ、その人とお付き合いすることになり、失恋の痛手なんてウソみたいに忘れてしまいました。

新しい恋は大事だが、自分の安売りはしないように

周りからは気持ちの切り替え早すぎと言われましたが、失恋の傷を癒すのは新しい恋が一番だと思います。
ただ、傷ついていると男性へのハードルが低くなってしまうので、変な男に引っかからないように注意が必要です。
新しい恋は大事だけど、自分を安売りするとまた不幸な結果になる気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事