失恋の体験談

片思いの末、告白に成功。「元カノが忘れられない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ大学の同じ学科を専攻していた男性に恋

同じ大学の同じ学科を専攻していた男性に恋していました。

彼が元カノを忘れられないという理由でフラれてしまった

失恋した時期は、10年前20代前半の大学生だった頃です。

1年ほど片思いの末、告白し付き合うことが出来ました。
まさに夢のようでしたが、今思えば肩に力が入って楽しいというより緊張した恋愛でした。

しかし、数ヶ月の交際期間の末、彼が元カノを忘れられないという理由から私はフラれました。
天国から地獄に突き落とされた気分でした。

スポンサーリンク

失恋後は、精神的に荒んで地獄のようでした。
しかも彼が元カノとヨリを戻しラブラブだということを友人から聞いてしまいました。

学校が同じだったので、顔を会わせることもありなかなか忘れられず数年引きずりました。
自分自身の内面や外見の自信もすっかり失い、かなり追い詰められていました。
この時期は、たかだか失恋と思われるかもしれませんが、本当につらい時期でした。
周りの友人の励ましも、右から左へ聞き流すようなかんじでした。

人生の若い時期を無駄にした気がします。
その後、失恋した彼とご飯を食べに行く機会がありましたが、
当たり前ですが、私に全く興味はなくむしろ嫌われているようでした。
ヨリを戻した彼女とのノロケ話なども散々されました。

この時、私は彼にとって本当にどうでも良い存在なのだと実感して再び絶望しました。
そして、人の気持ちを顧みない彼を人として疑いました。

失恋で傷ついていた時期に出会った男性が今の夫

かなり引きずっていましたので、立ち直るのに時間はかかりました。
立ち直れた理由は、単純に時間の経過だと思います。

失恋で傷ついていた時期に出会った男性が今の夫です。
今の夫は、本当に優しい人だったので私は前の彼を忘れて前に進むことができました。

失恋は辛くて悲しいが、その相手と縁がなかっただけと思える日が来る

失恋して、その傷つき方もまた100人十色だと思います。
1週間泣いて立ち直る人もいれば、3年たっても辛くて目の前が真っ暗な人もいると思います。

しかし、時間が経つ限りは自分でも知らずに、前に進んでいるものです。
暗いトンネルは必ず終わり、明るい出口が見えてくるように、ふと心が軽くなる時が来るでしょう。

失恋は辛くて悲しいものですが、単純にその相手とは縁がなかっただけだといつか思える日がきます。

もし、失恋相手との思い出を綺麗に残せるならそのほうが後味もよいですよね。
しかしそう出来ない時は、無理に美化せず憎んでもいいと思います。

そのうち、憎しみも消えて何も相手に感じなくなるでしょう。
何も感じなくなったら、相手への思いは0になったのですから完全な自由が訪れます。

その時、きっと様々なものが明るく見えて新しい恋や人間関係が待っています。
一皮むけた自分の内面にも出会えるはずです。

傷ついた分、きっと他人にも優しく出来るでしょう。
ですから、失恋したとしても無駄な時間なんてないのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事