失恋の体験談

好きだった教習所の教官。路上教習はまるでドライブデートの雰囲気でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車教習所の教官に恋をした

教習所の教官でした。
自分に子供がいないので最近はどういう風なのかわかりませんが、私の通っていた高校は普通科でなかったせいか、
進路の決まっている人は3年生の12月から教習所に通うことができました。

放課後、自動車学校のマイクロバスが迎えに来て、それに乗って毎日、教習所へ通うのです。
友人達と一緒にバスで行って教習を受け、帰りのバスでその日の成果?を報告し合ったりと、学校の延長のような雰囲気でとても楽しかったことを覚えています。

スポンサーリンク

他の学校の生徒達も来ているので、告白されたりしたり。
また付き合い始める子達もいたりでまさに出会いの場、青春でしたね。
私に好意を持ってくれた他校の男子もいたのですが、私は教習所の教官のS先生が好きになってしまい、もう夢中。メロメロでした。
はっきりいくつだか教えてもらえませんでしたが、30歳くらいのS先生。
中にはというか、結構な割合で厳しい、時に意地悪く感じてしまうような教官が多くて、私も含めみんな思わず涙してしまったのは一度や二度ではありませんでしたが、S先生は穏やかで決して威圧的な感じでダメ出しをしない方でした。

最初は担当がS先生だと「良かった、当たりだー」
他の怖い先生でなくて良かったという感じでしかなかったのですが、段々「嬉しいな」になり、違う先生だとがっかりする自分がいて、ああこの人が好きなのだなあと。

体育会というか、部活の盛んな高校だったので、男子はどちらかというとワイルドな感じ。
言葉は悪いですがちょっと汗臭いような雰囲気の子達に囲まれていた私にとって、スマートで穏やか、すっきりした大人のS先生はとても魅力的に映ったものです。

しかも当時お付き合いするといえば、一緒に帰ったり休日出かけたりという可愛いもの。
車に乗れる彼がいたことがなかったので、せいぜい自転車かバイクの後ろに乗せてもらう程度のデートでした。
でもS先生とは車の中で2人きり、特に路上教習が始まると私の中ではまるでドライブデートの雰囲気。
楽しくて楽しくて、そして嬉しくて仕方がありませんでしたね。

好きだった教官は結婚していた。気持ちを伝えたが失恋

失恋したのは、高校3年生、18歳の冬のことです。
正確には2月の終わりですね。
実は今でも日にちまでしっかり覚えている私です。

S先生は結婚されていたのです。
最初から左手の薬指に指輪があるのに気が付いていましたし、自分はまるっきり子供ですから仕方がないなと。
でも卒業してしまうと二度と会えなくなるので、その前に気持ちを伝えました。
みえみえだったのでしょうね、私の気持ちに気づいていたそうです。
「可愛い存在だけど、ごめんね。でも嬉しかった」と言われ、生まれて初めて失恋しました。

初めから結果がわかっていたので、ダメージもましだったのかもしれませんね。
友達に大泣きしながら話を聞いてもらい、もちろん落ち込みましたがそれきり会う機会がなかったのでそれほど引きずらなかったように思います。

でもその晩は一晩中泣いて、翌朝は目がぱんぱんでした。

大人っぽさへの憧れがあり、恋に恋していた

今思うと恋に恋していたというか、大人っぽさへの憧れみたいな感じが強かったのかもしれません。
最初から振られるとわかっていて、でもきちんと気持ちを伝えられたこと、そしてS先生もきちんと答えてくれ、振ってくれたのである意味、達成感があったというか。

振られた直後からやるだけのことはやったというような気持ちになっていたので、立ち直りも早かったのではないのかなと思います。

変に気を持たされたり、連絡先を教わっていたらおそらくずるずると引きずってしまったのではないかと。
ちょうど春休みに入る頃で気にした友達が日替わりであれこれ予定を詰めてくれて、気晴らしに付き合ってくれたのも大きかったと思いますね。

またすぐに実家を離れ進学して環境も変わってしまったので、区切りがつきやすかったこともあると思います。

出会いは一回きりじゃないので前向きに次の恋へゴー!

出会いは一つ、一回きりじゃないので前向きに。
今は思う存分落ち込んで、気持ちを切り替えたら全力で次の恋へゴーです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事