失恋の体験談

同棲生活から遠距離恋愛へ。仕事がハードすぎて連絡も取れなくなって失恋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の事より私優先の気のきく彼女と付き合っていた

男をたててくれて、仕事で残業になり遅く帰宅してもご飯を食べずに待っててくれてました。
自分の事よりいつも私優先でした。
いつも私の事を褒めてくれる彼女でした。
私が疲れているとマッサージをしてくれたり、気のきく彼女でした。

スポンサーリンク

同棲生活から遠距離恋愛になり仕事の忙しさから連絡が取れなくなり失恋

別れた時期は今年の2月頭くらい、突然電話がかかり連絡すらとれないから辛いと言われ別れ話をされ、別れることになりました。

私と彼女は同棲生活を3年してました。
ですが今年仕事を辞めお互い実家に帰る事となり、アパートを引き払い遠距離恋愛になりました。
実家へ帰りすぐ仕事を探しトラック業界へ就職することになりました。

トラック仕事は思ってたよりハードで時間に追われる毎日を過ごし合間に彼女に連絡をしていましたが多忙期を迎え連絡もあまりしなくなりました。
仕事が忙しく疲れてたため全然連絡などをしませんでした。
どんなに疲れてても電話1本は必ずしていましたが、あまりの疲労感から段々連絡できず失恋しました。

失恋後彼女から毎日2通送られていたメールが無くなりました。
今日は料理何を作ったよとか写メールなどで送られてきてそれを見るたび癒されてたのですが、完全にメールがなくなりました。
最後のメールはもうお互い別の人生を生きようと悲しいメールで、それを見るのがとても胸がしめつけられ辛く、後悔するばかりです。

毎日仕事中でも彼女の事を考えたり、今度の休日どこに遊び連れて行ってあげようとか考えてたのですが、連絡しなかった私のせいで、今まで4年間付き合ってきた彼女を失い心にぽかーんと穴があいたかのような気持ちです。
以前2人で住んでた付近は思い出がたくさんあり、よく買い物にいってたお店の前などを通ると胸がしめつけられとても辛く思い出し涙してた時期がありました。
私の見えないとこで彼女もまた泣いてたんじゃないかと思うと今でもとても辛いです。

一人が辛かったので友人や知人と一緒に過ごすようにしていた

失恋から半年が過ぎ時の流れというのは凄いもので、毎日朝起きると彼女の事を思い出し仕事へ行くのも辛かった私が今では彼女への気持ちも無くなったせいかあまり思い出さなくなってます。
ですが思い出は未だに消えません。

彼女へ対する思いは完全とは言い切れませんが薄くなったと思います。
とにかく失恋した当初は休日とか一人でいるのが辛かったので、友人や知人ととにかく一人でいないようにしてました。
あとは、時の流れに任せてました。

別れはまた出会うためのもの。時が失恋を忘れさせてくれる

悲しいのはわかります。
彼や彼女に強い思いが残ってるかもしれませんが、とにかく話をして思い出さない事です忘れようと努力も必要かもしれません。

出来るだけ一人でいないようにしてください。
深い恋なら恋であるほど一人でいると辛く、ふさぎこんでしまいます。
気の許せる友人に思いを話相談するのが一番でしょう。
あとは時が失恋を忘れさせてくれます。

半年1年とドンドン時間がたつにつれ忘れていくものです。
別れはまた出会うためのものでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事